これは1970年ごろの家の中。今とはどこが違うか調べてみよう
1970年ごろの「台所」は?

1950年ごろ、日本人はアメリカのテレビ番組を見て、大きな電気冷蔵庫(でんきれいぞうこ)にびっくりしていた。ようやくこの時代になると冷蔵庫は96%(パーセント)の家庭にあるようになったよ。形もドアが1つの物から、ドアが2つ、つまり冷凍庫(れいとうこ)のついた大型の物が増(ふ)えていった。また電子レンジや電子ジャー、自動食器洗(あら)い機、電気もちつき機などの新しい台所用品もどんどん発売された。お母さんの家事がずいぶんと楽になってきたんだ。

電子レンジ(1970年)
電子ジャー炊飯器(すいはんき)
(1971年)
電気もちつき機(1976年)
食器洗い機(1969年)