これは2000年ごろの家の中。今とはどこが違うか調べてみよう
2000年ごろの「電話」は?

2000年ごろの家の電話は、どんなものだったんだろう? ほとんどの家の電話は、留守番電話機能(るすばんでんわきのう)がついていたんじゃないかな。ファックス付きの電話機がある家も多かったよ。絵や文字を送ることができると、電話では説明しにくい地図やイラストも送ることができて便利(べんり)だよね。

今では、多くの人が持っている携帯(けいたい)電話。これだけ多くの人が使うようになったのは、実は2000年ごろのことなんだ。それは、どんどん新しいものが作られて、どんどん使いやすくなっていったおかげ。メールが送れたり、ゲームができたり、写真がとれたりするよね。もはや「電話」と言えなくなってきているかもね。

携帯電話が広がったために、外ではあまり公衆(こうしゅう)電話が見られなくなった。みんなの家の近くで、公衆電話を見つけられるかな?