▲マラカナン競技場

ブラジルのリオデジャネイロで2016年8月5日から8月21日に開催(かいさい)。夏期オリンピックがブラジル及び南アメリカ大陸で開催されるのは、はじめてなんだって。新たに加わる7人制(せい)ラグビーやゴルフにも注目が集まっているよ。また、特別参加する故郷(こきょう)を失った難民(なんみん)のチーム「難民五輪選手団(だん)」も、初の試みとして話題になっているんだよ。

みんなでリオデジャネイロオリンピックについて学んじゃおう!

ぴっくす と せいかちゃん

リオデジャネイロ オリンピックは、どんな大会になるのかな?参加国や参加人数、競技(きょうぎ)種目は、どのくらいになるのかな?

◆開催国 ブラジル
◆参加国・地域(ちいき) 数 206(予定)
◆参加人数 約10500人(予定)
◆競技種目数 28競技306種目

今回は7人制ラグビーが新種目として、ゴルフが復活(ふっかつ)種目として登場するんだよ。

ゴルフは1904年の第3回セントルイスオリンピック以来、112年ぶりの復活なんですって。

陸上の山県亮太(やまがたりょうた)選手やテニスの錦織圭(にしこりけい)選手などに期待が集まっているね。楽しみだね。

それからはじめて登場する難民のチーム「難民五輪選手団(だん)」も注目されているわね。

国際(こくさい)オリンピック委員会(IOC)の会長は「故郷を失い、国旗や国歌がなくてもチーム全員が五輪で希望のシンボルになる」と、語っているよ。

たくさんの難民の人たちに夢(ゆめ)を与えるチームになるね。4K(ヨンケー)カメラでの撮影(さつえい)も楽しみね!

日本中が高い関心をよせるリオデジャネイロオリンピック。どんなくらしの中で、みんながオリンピックを観戦するのかな?

下記の「2016年ごろのくらしを見てみよう!>」のボタンをクリックするとこの時代のくらしがわかるよ!