今までになかったものとして提案されている技術は、部屋に取り付けたプロジェクターがうつす対話できるパートナー「顔イラスト映像(えいぞう)」。

メニューのレシピを教えてもらったり、ピザのデリバリーを頼(たの)んだりできるんだよ。

なんだか家族がひとりふえるみたいだね。

また、家の中の空気の状態(じょうたい)などをプロジェクターで映像として写す技術も登場するんだって。

 家にいる時間が快適で楽しくなりそうだね。