助成を受けられた団体(環境)

環境分野・2011年に取り組んだ組織基盤強化事業 報告書(概要)

事業名

四万十流域での新たな体験型観光の創出

団体名

社団法人 西土佐環境・文化センター 四万十楽舎

助成事業の概要

 本団体は、西土佐村の活性化事業に取り組むとともに、四万十流域の環境文化を継承・発展させていく交流施設的役割を果たすことを目的に設立された。けれども、止められない過疎・高齢化により、四万十流域の自然や人々の暮らしが維持・継承されずに消滅しかねない状況が続いている。一刻も早く地域全体での人材確保と育成が望まれていたが、本団体には、事業の精査・発展が困難な組織課題が根深い状況にあった。そこで、2011年、本助成を受けて、ニーズを捉えた事業づくりの基盤構築に取り組むこととなった。具体的には、外部専門家のアドバイスのもとで、これまでに本団体を利用した体験客を対象にしたニーズ・満足度調査を実施、それと並行して当該四万十流域の持つ地域資源(自然や文化的リソース)の調査活動を行い、それらの考察をもとにして、客足が遠のく春季・秋季の新規体験プログラムを開発、通年で安定的な経営基盤の確立を目指した。

助成事業の取り組みで得られた成果

(1)

宿泊客・体験客のニーズ・満足度調査により、どこに満足し、どこに不満を抱いていたかがよくわかり、スタッフ全員で体験プログラムの開発、課題の改善策、今後の方針を考えていくことができるようになった。

(2)

外部専門家の広瀬敏通氏(日本エコツーリズムセンター代表理事)からは体験プログラムへのアドバイスのみならず、スタッフでの情報の共有化、実効性のあるシステム作り、地域住民との連携体制作り、お客を育てていくプログラム作りなど様々な有益なアドバイスを受けた。また、もう一人の外部専門家の原氏(香川大学経済学部地域社会システム学科教授)からは、広瀬氏からのアドバイスを日々の事業にどのように取り込んでいくべきかを、スタッフと活動を共にしながら示唆いただけ、今後の方針を明確化できた。

(3)

地域資源調査で取得した河川生態、漁業、草本塁、山・林業、地域の歴史の情報は、四万十川の地域資源を生かした体験プログラムの基礎となる。体験プログラムのブラッシュアップや今後の新規開発に当たって大いに役立つことになろう。また、HPのリニューアル、パンフレット、各種チラシの作成・配布、修学旅行・研修旅行の誘致、大学生協との契約など近年になく精力的に営業活動を行った。営業活動は収益事業に置いては必須であることをスタッフ全員が認識できた。

助成事業の総合評価

本団体の助成事業の戦略は「観光客の満足度・ニーズ調査を踏まえた体験プログラムの開発→新しい客層やリピーターの獲得→収入の増加→人材の養成」というものである。従来の体験プログラムのブラッシュアップや新たな体験プログラムの導入、アドバイザーの助言に基づく宿泊部門での様々な改善により、お客の満足度も顕著に上がっている。また、この体験プログラムのガイドを主に担ったのが一年目のスタッフであり、彼が地域資源の調査やアドバイザーの助言に基づき、プログラムの開発や実際のガイドとして働いた。彼の成長は他のスタッフも認めるところである。
ただし、観光客の満足度・ニーズ調査でうち、今回は早急に対処可能な部分を改善したため、時間のかかる部分(地域文化的要素を取り込んだ体験プログラム、場合によっては地域住民自身が伝統漁法の実演・解説等)は残っており、更なるプログラム開発が必要である。また、新規客層の獲得は実現できたが、本団体はリピート率が低く、そこを改善しないと長期的には「収入増加→人材の養成」が実現できない。今後はこの部分への取り組みが重要である。また、今後の体験プログラムの開発やリピーター獲得にあたり、観光客の意向・ニーズ調査や営業活動の重要性をスタッフが認識できたことの意義は大きかった。

今後の展望について

重要性を認識できた観光客の満足度・ニーズ調査や営業活動、本助成事業の中で習慣化したスタッフ会は今後も継続させていく予定である。また、まだ解決できていない諸課題(上記の体験プログラムだけではなく、宿泊部門における様々な課題)も優先順位を作って解決していく。2012年は、スタッフ会で仕事の棚卸し、各スタッフの目標を出し合い、合わせて四万十楽舎の中長期的な目標も明確にしていく予定である。

事務局より

 本助成事業で、体験客の意向・ニーズ調査を実施したことで満足・不満足の原因を解明することができ、また、アドバイザーとして招聘した日本エコツーリズムセンターの広瀬代表による的確かつ献身的な助言から、プログラムや宿泊施設の課題改善の方針を導き出すことができました。さらに、当団体の活動フィールドである四万十川流域の自然生態系、文化・歴史、山・林・漁業などの「地域資源」について綿密に調査したことで、既存の体験プログラムのブラッシュアップと新規体験プログラムの開発が可能となりました。今後も、リニューアルしたHPやパンフレット、フライヤーを活用し、継続的に、そして積極的に若手スタッフが体験プログラムの営業に取り組み、体験客の増加拡大に努め、いずれは四万十地域だけでなく高知県または四国全体の地域活性化に貢献できる環境体験学習団体へと成長していくことを期待します。