社会課題解決ワークショップ
Panasonic Innovation Workshop(PIWS)

パナソニックは、社員の社会課題に対する関心や知見、解決のためのイノベーションマインドを醸成するためのワークショップを開催しています。
主に新興国・途上国での深刻な社会課題を学び、そこからビジネスアイデアを創出するために立ち上げられた本ワークショップは2012年の開始以来、インド・カンボジアの農村部の電力事情や、インドネシアの水事情などの課題をテーマに上げ、のべ156名が参加しました。
さまざまな職種の社員が集い、社外の専門家の講義や現地での調査活動を通じて、生活実態や困りごとに対する理解を深め、人々のニーズに基づいた商品や事業を立案します。

現在、数ヶ月継続して活動するPIWSと、一日完結のPIWS 1dayを定期的に開催しています。

社会課題解決ワークショップ
Panasonic Innovation Workshop(PIWS)

パナソニックは、社員の社会課題に対する関心や知見、解決のためのイノベーションマインドを醸成するためのワークショップを開催しています。
主に新興国・途上国での深刻な社会課題を学び、そこからビジネスアイデアを創出するために立ち上げられた本ワークショップは2012年の開始以来、インド・カンボジアの農村部の電力事情や、インドネシアの水事情などの課題をテーマに上げ、のべ156名が参加しました。
さまざまな職種の社員が集い、社外の専門家の講義や現地での調査活動を通じて、生活実態や困りごとに対する理解を深め、人々のニーズに基づいた商品や事業を立案します。

現在、数ヶ月継続して活動するPIWSと、一日完結のPIWS 1dayを定期的に開催しています。

PIWS

前半で、社会課題に取り組むNPOや社会的企業の方をゲスト講師としてお迎えして、社会課題について深く学び、後半で、その課題を解決できる当社のビジネスアイデアを立案する、約3ヶ月から半年間のプログラムです。異なる事業部、多様な職種の有志社員が集い、チームで活動します。2014年度からは、長期休暇中に希望者自らの費用で現地に渡航し、フィールド調査も実施しています。
提案されたビジネスアイデアの中には、商品化に向けて、事業部で継続検討されているものもあります。

これまでに取り組んだテーマ

弊社事業との関連

カンボジア農村部における課題解決

インドネシアの無電化地域における課題解決

パワーサプライコンテナ事業

インドにおける社会課題解決

パナソニックインド インド事業開発センター

インドネシアの水課題の解決

インド向け新製品の横展開検討

インド農村部における課題解決

ソーラーランタン事業(パナソニックインド)

PIWS 1day

社会課題を知り、解決のためのアイデアを考える1日完結のワークショップ。より多くの社員が、気軽に参加できるように、2013年度に新設されました。

これまでに取り組んだテーマ

  • アフリカにおける社会課題抽出
  • 社会課題を起点とした事業作り

PIWS 11期(2017年度)

今回で11回目となる社会課題解決ワークショップPIWSを2017年6月にスタートしました。

今回は、カンボジアでBoP(Base of the economic Pyramid:低所得)層およびMoP(Middle of the economic Pyramid:中所得)層向けの住宅を提供する社会的企業を通じて新興国の社会課題を学び、現地のニーズに基づいた課題解決アイディアを立案する、およそ5か月間のワークショップです。
様々なカンパニーや職能から有志で集まった社員19名が、チーム一丸となって現地の課題解決に向けて活動を実施します。

6月は、7日(水)、21日(水)、24日(土)の計3回の研修を実施しました。
初日の研修では、本ワークショップの目的とゴールを共有し、参加者全員で同じ目標に向かって取り組んでいくことを確認し、その後、カンボジアの電力事業、就業状況、賃金など基本的な概要について学びました。
2日目には、パナソニック エコソリューションズ社 ハウジングシステム事業部の松下部長から、ハウジングシステム事業部の海外での取り組みの紹介、新たに新興国でビジネスを開始するためのステップなど、参加者が今後カンボジアでの商品アイディアを検討していくための考え方の紹介がありました。
3日目には、カンボジアの社会的企業の創業者であるKongngy氏をお招きし、カンボジアの住宅事業を写真を使いながら説明していただきました。参加者は慣れない英語でのコミュニケーションに苦労しながらも、積極的な質疑応答を行いました。

ワークショップは7月も引き続き行い、希望者は8月の夏季休暇を利用してカンボジアへ渡航し、現地での調査活動を実施します。

10月の最終発表の場でどんなアイディアが提案されるのかご期待ください。

ワークショップ全体の様子
松下部長のレクチャー
Kongngy氏のプレゼンテーション