環境:特定化学物質の含有表示

eco ideas

資源有効利用促進法における特定の化学物質の含有表示義務

日本の資源有効利用促進法では、2006年7月1日以降、製造、輸入販売する対象製品において、JIS C 0950(J-Moss)に規定された特定の化学物質の含有表示を行なうことが義務化されています。
これは、資源有効利用促進法のもと回収リサイクルシステムが構築されている品目に表示をおこなうことにより、処理事業者にも含有情報を提供することを目的としています。
パナソニックグループでは、資源有効利用促進法で対象となる製品において、除外項目以外の部位において基準値を超えた特定の化学物質を含有する製品を製造または輸入販売などしておりません。詳細は下記「対象製品含有表示情報」でご覧ください。

JIS C 0950(J-Moss)の概要

JISの名称

日本工業規格「電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示」の規格(JIS C 0950)
J-Moss:Japan-The marking for presence of the specific chemical substances for electrical and electronic equipment

特定の化学物質と基準値

J-Mossでは、鉛(0.1wt%)、カドミウム(0.01wt%)、水銀(0.1wt%)、六価クロム(0.1wt%)、ポリブロモビフェニル(0.1wt%)、ポリブロモジフェニルエーテル(0.1wt%)の物質が対象です(括弧内の値は含有基準値)。

詳細情報

JIS C 0950の内容は、日本工業標準調査会のホームページから「データベース検索」の「JIS検索」にてご参照下さい。