工場まるごとの環境対応支援

当社は2007から2009年度の3年間で生産活動におけるCO2排出量を84万トン削減した実績を活かし、2010年4月に「工場省エネ支援サービス」をスタートしました。エネルギーの見える化から省エネ診断、具体的な省エネ対策の実践まで、工場の省エネ活動を「技術」「設備」「人材」「資金」の面で総合的に支援しています。
このサービスの一環として、当社のエネルギー管理ノウハウを凝縮した、工場向けエネルギー管理システム「SE-Navi」を開発しました。本システムは、工場内の電気、ガスなどの基幹エネルギー量、設備の稼動状態を直接反映する流量、圧力、温度、湿度などの物理データ、および生産数量から、エネルギー利用効率を把握し、迅速な省エネ対策立案、効果試算、検証の精度向上をサポートします。
また、コンプレッサ、ボイラー、冷凍機などの原動設備の長期的な効率変動をグラフ表示し、設備の劣化やメンテナンスの必要性を把握、設備の消費エネルギーのムダを削減することが可能です。生産数量と消費エネルギーから算出される原単位を、当社独自の省エネ判定手法に基づいて分析し、ラインや設備の課題点をタイムリーに抽出する「省エネナビ機能」を備えております。エネルギーロスの発生源を自動で特定し、ロスを数値化することにより、省エネすべきポイントを絞り込むことができます。
2010年から2015年の5年間で、日本国内の自動車関連、食品、医薬品、機械や電子部品の業種で約400件の診断を実施し、省エネ支援を行ってきました。また、環境省がCO2削減のために有効な設備導入や運用改善等の情報を提供する「二酸化炭素削減ポテンシャル診断事業」において、企業の省エネ診断を実施する専門診断機関として登録されています。
グループで培った環境の技術・ノウハウ・経験をパッケージ化し、省エネルギーのみならず、排水処理、造排水リサイクル、排ガス処理、資源リサイクル、土壌地下水浄化、太陽光発電などの環境・エネルギー技術をトータルで提供する「工場まるごと環境ワンパッケージサービス」の強化を通じ、社外の企業様の総合的な環境対応にさらに貢献していきます。

工場まるごと環境ワンパッケージサービスのイメージ

鳥居薬品(株)様への省エネ支援

当社は2013年より鳥居薬品(株)様の省エネ活動を支援しています。2013年1月に佐倉工場にて省エネ診断を実施し、2013年8月に当社からご提案したポンプのインバータ化を採用いただきました。2014年4月には、倉庫棟における熱源更新工事についてご提案から施工、メンテナンスといったライフサイクルサポート事業により、省エネ支援に加え安定稼働の側面でも支援しています。これらの実績を評価いただき、空調設備の点検・管理業務のほか、省エネを維持継続するためのチューニングのみで可能となる省エネ対策で支援しています。さらに効率維持のための設備点検・整備や、設備更新時に設備の容量を見直すなど、新しい設備投資や維持管理費用といった負担がなるべく増えないような省エネ施策をご提案しています。これらの取り組みの結果、2013年度~2015年度で佐倉工場全体でCO2排出量を2010年度比約2.4%減らし、2016年度以降は、更に約2%のCO2排出削減が可能となる提案を行っています。また、2016年度以降も省エネ提案を行い、さらなるCO2排出削減につなげていきます。
今後は短期的な省エネプランだけでなく、定期的な省エネ診断や対策実施による継続的なな省エネ活動によりPDCAを確立させ、医薬品製造におけるGMP※1の遵守と省エネを両立できる施策を実施していく予定です。

※1 GMP:Good Manufacturing Practice
医薬品の製造所における製造管理及び品質管理の基準

省エネ支援の様子