環境:地域社会支援・人材育成

eco ideas

パナソニック エコリレー・フォー・サステナブル・アース

パナソニックは真のグリーンプロダクツをつくるには真のグリーンマインドが必要との想いから、1998年より従業員とその家族が家庭や地域社会でも積極的に環境活動を行うことで環境意識を向上し、ライフスタイルを変革することを目的とした地球を愛する市民活動(Love the Earth=LE)を推進してきました。2008年からは、地域に根ざした環境活動をそこで働く従業員自らが企画し実施するパナソニック エコリレーを世界各地で展開し、地域の方々や子どもたち、従業員の家族を交えて活動を実施してきました。その後、活動はグローバルに様々な分野へと拡大発展し、2010年10月からは世代を超えてつなぐという想いをこめたパナソニック エコリレー・フォー・サステナブル・アースという新たな名称で、地球市民として持続可能な地球環境と社会づくりへの貢献を目指しています。

活動ロゴマーク

日本では、労働組合とともに活動するパナソニック エコリレー ジャパンが、地方自治体や環境NPOなどの協力を得て、2011年から兵庫県にある篠山の里山再生に取り組んでいます。篠山にはパナソニックグループ労働組合連合会の休暇村があり、体や心をリフレッシュする場であるとともに自然環境保護・環境教育などの取り組みを発信する場としています。現在は、パナソニックグループ関係者外にも輪が広がり、地元農家の方や近隣大学とも連携しながら、間伐作業や竹炭づくりなどの森林保全、米や野菜づくりといった棚田再生を中心とした活動を、毎月1回実施しています。また活動風景や篠山の生態状況などを定期的にレポートに作成し、Webサイトに公開しています。

里山再生活動参加者の集合写真

子ども環境教育

当社は、地球の未来を担う子どもたちが健やかに育ち、能力と可能性を最大限に発揮するために、学びの場を提供することが重要だと考え、子どもたちへの環境教育を推進しており、2009年度から活動をグローバルに加速させてきました。
当社は2015年11月、ユネスコと「ミャンマーの世界遺産候補地であるバガン遺跡周辺地域の持続可能な発展を目的とした次世代教育支援の促進」について、基本合意を締結。持続可能な成長の提唱に必要な知見を持つ、教師や子どもたちを応援するため、12月から2年間のプロジェクトを実施しています。その一環として2016年12月、無電化地域の学校約130校にLED照明・太陽光パネル・蓄電池を搭載するエネループソーラーストレージを500台寄贈。13,000人以上の生徒たちがより良い環境の下で勉強できる学校環境づくりを支援しました。
ニャウンウーの学校で開催された贈呈式では、子どもたちや先生向けのエコラーニングプログラムも実施しました。これは、成長の可能性を秘めるミャンマーの、持続可能な発展の重要性について啓発すると共に、地域環境保全の第一人者を育成することを目的としています。 2年間のプロジェクトでは、教材開発や教師のトレーニングを通じ、教育現場での持続可能な発展に関する知見やスキルも醸成。ミャンマーの持続的な発展に不可欠な知識や体験を、教育現場で先生や子どもたちに啓発できるよう、取り組みを続けていきます。

バガンの学校でのエネループソーラーストレージの贈呈
ソーラーライトの工作教室

パナソニック ノースアメリカは、インパクト・オン・リテラシー・アンド・ラーニング財団と共同で、パナソニック学生エコ市民プロジェクトの一環として、エコ絵日記コンテストを実施しています。2年目となる2016年度は、102人の先生と3,000人以上の生徒が参加、244冊のエコ絵日記が集まり、5月には審査結果が発表されました。
これらの学校の絵日記は、深刻な環境問題の解決策を、明確かつ創造力豊かに表現。活動の各段階を詳細に記述し、絵を含めた多くの面で高評価となりました。

応募されたエコ絵日記

パナソニック セールス ラテンアメリカは、次世代を担う子どもたちや社会全体の環境保護への意識を高めることを目的に、エコ絵日記プログラムを推進しています。2016年度はパナマ・コスタリカ・グアテマラ・エクアドル・エルサルバドルの5カ国で実施、小学生約1,000人が参加しました。子どもたちは、絵日記を作成してコンテストで競うと共に、天然資源や太陽光発電などをテーマとする環境学習にも参加しました。

当社は創業100周年に当たる2018年までに、グローバルで300万人の子どもたちに環境教育を展開することを目指し、実績として2016年度は9万人、2009年度からの累計で約279万9,000人の子どもに環境教育を実施しました。

エクアドルで絵日記を掲げる子どもたち

植樹活動

当社は自然環境の保全と社内外環境意識の啓発を目的に、植樹活動を実施しており、2007年度からグローバルでさらに活動を展開してきました。
パナソニック マニュファクチュアリング インドネシアは、木製品の製作会社と協働して、ジャワ島中東部のスンビン山での植林活動を、2010年から支援。これまでに5700本以上の植林を実施しています。このプログラムの特徴は、広葉樹と共にコーヒーの苗木も植林することで農家の収入源が拡大、村全体の活性化にもつながっている点にあります。

植林活動で、地滑り水害を防止

タイのパナソニックグループは2016年7月、同国中部のチョンプリー県で、「パナソニック マングローブ植林活動2016」を実施しました。当日は、従業員やその家族をはじめ、500人以上が参加。海岸の清掃活動を行った後、2540本のマングローブを植樹。その後は、「タイの島と海の自然史博物館」への訪問も行われました。

日本では、和歌山県のながきの森や神奈川県の氷取沢市民の森などの様々な場所で、下草刈りや間伐、植林・植樹といった継続的な森林保全活動を行っています。

マングローブの植樹