環境:地域社会貢献・次世代育成

eco ideas

パナソニック エコリレー・フォー・サステナブル・アース

パナソニックは真のグリーンプロダクツをつくるには真のグリーンマインドが必要との想いから、1998年より従業員とその家族が家庭や地域社会でも積極的に環境活動を行うことで環境意識を向上し、ライフスタイルを変革することを目的とした地球を愛する市民活動(Love the Earth=LE)を推進してきました。2008年からは、地域に根ざした環境活動をそこで働く従業員自らが企画し実施するパナソニック エコリレーを世界各地で展開し、地域の方々や子どもたち、従業員の家族を交えて活動を実施してきました。その後、活動はグローバルに様々な分野へと拡大発展し、2010年10月からは世代を超えてつなぐという想いをこめたパナソニック エコリレー・フォー・サステナブル・アースという新たな名称で、地球市民として持続可能な地球環境と社会づくりへの貢献を目指しています。

活動ロゴマーク

活動ロゴマーク

日本では、労働組合とともに活動するパナソニック エコリレー ジャパンが、地方自治体や環境NPOなどの協力を得て、2011年から兵庫県にある篠山の里山再生に取り組んでいます。篠山にはパナソニックグループ労働組合連合会の休暇村があり、体や心をリフレッシュする場であるとともに自然環境保護・環境教育などの取り組みを発信する場としています。現在は、棚田の再生・竹炭づくりを中心に毎月1回活動を実施し、また活動風景や篠山の生態状況などを定期的にレポートに作成し、Webサイトに公開しています。

篠山の里山再生活動に参加した従業員、退職者、 その家族

篠山の里山再生活動に参加した従業員、退職者、その家族

子ども環境教育

当社は、地球の未来を担う子どもたちが健やかに育ち、能力と可能性を最大限に発揮するために、学びの場を提供することが重要だと考え、子どもたちへの環境教育を推進しており、2009年度から活動をグローバルに加速させてきました。
パナソニック ベトナム(有)(PV)は2015年12月、同国の天然資源環境省 ベトナム環境総局(VEA)と、同国の持続可能な発展に向けた一連の教育活動で共同する、戦略パートナーシップを締結しました。これは、2012年からさまざまな環境保全活動や環境教育を行ってきた、両者の協力関係を強化するものです。
新たなパートナーシップの下、2016年度は郊外・地方都市を含め、約1000人にエコラーニングプログラムを実施する計画です。併せて、使用済み乾電池を環境に配慮したパナソニック製の乾電池に無償で交換する、グリーンバッテリー交換キャンペーンも行います。これは環境配慮商品の使用を通じ、子どもたちのエコマインドを高めることをねらいとしています。

パートナーシップ締結当日に行われた、乾電池工作教室の集合写真

パートナーシップ締結当日に行われた、乾電池工作教室の集合写真

パナソニック プレジションデバイス フィリピン(PPRDPH)は2016年1月、145人の子どもたちを対象とした環境教育プログラムを開催しました。子どもたちは正しいゴミの処理・分別方法を学べるアニメーション映画を鑑賞し、環境に関するクイズ・ゲームも体験しました。ゴミが地球環境に与える影響を学んだことで、学校のあちこちに落ちているゴミを自主的に掃除し始める子どもたちもいました。
当社は創業100周年に当たる2018年までに、グローバルで200万人の子どもたちに環境教育を展開することを目指し、実績として2015年度は29万8,000人、2009年度からの累計で約270万9,000人の子どもに環境教育を実施しました。

アニメーション映画を見る子どもたち

アニメーション映画を見る子どもたち

植樹活動

当社は自然環境の保全と社内外環境意識の啓発を目的に、植樹活動を実施しており、2007年度からグローバルでさらに活動を展開してきました。
2015年4月、中国内モンゴル自治区のオルドス市でのパナソニックチャイナ公共植樹プロジェクト2015には、60人を超える中国在住のパナソニックグループの従業員や販売店スタッフが参加しました。同プロジェクトは過去3年間にわたり実施されており、今回で総数37万本以上の苗木を植え、植樹総面積は160万m2となりました。プロジェクトは砂漠地帯に隣接した土地で行われ、一帯の生態系の改善や砂嵐防止に役立つことが期待されています。

中国での植樹の航空記念写真

中国での植樹の航空記念写真

パナマでは2015年8月、パナソニック ラテンアメリカの従業員と、その家族・友人ら合計80人が植樹活動を行いました。これはパナマ環境保全協会や同国環境省などの支援の下、自然との共生を目指して行われる、Alliance for a Million Hectares(100万ヘクタールの連携)プロジェクトの一環です。より健康的で、持続可能な未来と低炭素社会の実現に向け、今後5年間にわたり森林再生に取り組みます。
日本では、和歌山県のながきの森や神奈川県の氷取沢市民の森などの様々な場所で、下草刈りや間伐、植林・植樹といった継続的な森林保全活動を行っています。
このような活動を推進することで、2015年度にグローバルで約19万3,000本、2007年度からの累計で約349万4,000本の植樹を行いました。

パナマでの参加者の記念写真

パナマでの参加者の記念写真