環境配慮商品(グリーンプロダクツ)の取り組み

当社では、商品が環境に与える影響を企画・設計段階から事前評価する製品環境アセスメントをもとに、環境性能を向上させた商品・サービスをグリーンプロダクツ(GP)と認定するとともに、2013年度からは従来のダントツGP※1を発展させ、持続可能な社会への転換を加速する商品・サービスを戦略GPとして新たに定義しました。その中でも、とくに新しいトレンドを創る商品をスーパーGPとして認定しています。 GPの判定基準では、自社比較のみならず他社比較も実施しながら、地球温暖化防止や資源有効利用の環境性能を評価すると同時に、環境への影響が懸念される化学物質の管理にも取り組んできました。2011年度からは、これらの項目に加えて生物多様性および水に関する判定基準も追加・充実し、より広い側面からGPの創出を図っています。

※1 業界同一カテゴリの中で環境性能が優れた商品・サービス

グリーンプロダクツの体系

戦略GPの定義

持続可能な社会への転換を加速する商品・サービス:

(1)業界トップクラスの環境性能で地球環境への負荷を抑制する商品・サービス

(例:省エネ・省資源・節水商品、など)

(2)普及促進そのものが地球環境への負荷を抑制する商品・サービス

(例:再生可能・新エネルギーを創出する商品、蓄エネ商品、エネルギーマネジメントシステム、スマートハウス・スマートシティ、
スマートメーター、次世代の自動車や店舗の環境性能を支援する商品・サービス、LED照明、など)

(3)ある地域の環境負荷を低減、または環境負荷への対処を支援する商品・サービス

(例:空気清浄機、浄水器、環境エンジニアリングサービス、など)

製品環境アセスメントの概要

※2 製品がライフサイクルの各段階において環境に与える影響を定量的に評価する手法

戦略GPの拡大

2012年度までは環境配慮No.1商品(ダントツGP)の創出に注力してきましたが、2013年度からは、B2B事業の拡大など事業構造の改革が進む中で、民生商品の環境性能を追求するだけでなく、環境負荷の低減につながる商品・サービスのさらなる拡大にも注力するため、ダントツGPを発展させ、新たに戦略GPを定義し、その創出を進めています。トップクラスの環境性能で地球環境への負荷を抑制するものに加え、普及促進により負荷抑制が期待できるもの、特定地域での環境負荷を直接低減するものも含め、多様な事業を介して持続可能な社会への転換加速を目指します。戦略GPの売上比率は、2014年度の約19%から2015年度は21%に向上しました。今後、さらなる売上比率の拡大に取り組んでいきます。

また、戦略GPの中から、業界トップクラスの環境性能を持つ点から高信頼性・鉛無添加マンガン乾電池、普及促進で環境負荷を大いに抑制できる点からLED高天井照明・LED投光器(モジュールタイプ)を、2015年度のスーパーGPとして認定しました。

発展途上国や新興国を中心に普及しているマンガン乾電池は、一般的には品質確保のためには鉛の添加が必要です。しかし鉛は環境負荷が高く、製品のリサイクルも困難になる点が課題です。そこで当社のマンガン乾電池は、鉛を添加することなく品質・信頼性を確保する技術を、他社に先駆けて開発しグローバルに展開。世界各国で加速する環境規制強化や、お客様の環境意識の高まりにも対応する環境配慮商品です。

またLED高天井照明・LED投光器は、HID光源の機器と比べて、消費電力を大幅に削減できますが、これまでは光源・器具一体型の製品が中心で、品揃えが十分ではありませんでした。今回スーパーGPに認定した製品は、モジュラー設計により幅広いバリエーションの器具スタイル・配光・明るさの品揃えを実現。既設照明の入れ替えにも柔軟に対応し、高天井照明や投光器のLED化に貢献します。

高信頼性・鉛無添加マンガン乾電池

高信頼性・鉛無添加マンガン乾電池

拡散パネル一体型 LED高天井用照明器具 モジュールタイプ

拡散パネル一体型 LED高天井用照明器具 モジュールタイプ

LED投光器 モジュールタイプ

LED投光器 モジュールタイプ

環境配慮工場(グリーンファクトリー)の取り組み

当社は、製品づくりによる環境負荷の低減を目指したグリーンファクトリー(GF)活動にグローバル全工場で取り組んでいます。具体的には、各工場が法規制の順守を前提に、CO2排出量、廃棄物・有価物発生量、水使用量、化学物質排出・移動量などの生産活動におけるあらゆる環境負荷の削減計画を策定し、排出量等の総量削減や原単位管理で進捗管理を実践・改善し、環境負荷低減と事業活動の両立を図っています。
2010年度からはGFアセスメント制度をスタートし、工場での取り組み水準を見える化することで、さらなる向上を目指しています。GFアセスメント制度では、基本となる総量削減、体質強化、削減取組、リスク削減、人づくり、マネジメントの6側面からなる環境活動19項目について、5段階で自己評価し、目標への進捗状況を他拠点などと比較しつつ相対的に評価することで、課題抽出および改善策の自主的な検討・推進に役立てます。2013年度からは19項目以外にも、各カンパニー独自の視点に基づく側面でもアセスメント項目が追加できる制度へと改善しました。
カンパニーでは定期的に傘下の工場の進捗状況を確認し、さらなる改善につなげるため、類似工場などの優秀事例や管理ノウハウの横展開を実施し、継続的な改善を通じて取り組みレベルの高位平準化につなげています。各工場で実践された削減取り組み事例は、社内のBefore/After(BA)チャート検索システムに登録し、他工場でも活用できるように更新を行っています。現在、2,700件以上の事例が登録されています。
このほか、各国単位で工場間をまたいだ情報交流の設置や人材育成、さらにアジアや欧州などそれぞれの地域課題に応じたGF推進活動を実践しています。また、モノづくり環境情報共有会を通じ、グローバルの環境負荷低減活動や法規制・社会動向の共有、GF推進課題の解決に向けた議論を実施して取り組んでいます。日本以外では、当社工場が立地している欧州、東南アジア、中国で地域別の情報交流を推進しています。その中でもとくに工場が多く立地し、規制や課題が国ごとに異なる東南アジアでは、当該地域の全工場を対象とした環境 負荷低減の取り組み事例コンペ(優秀事例の表彰/横展開活動)を実施し、取り組みの拡大・加速を進めています。
さらに、これらGF活動を支えるため、毎年、海外各地域の統括会社、カンパニー、そして関連する部門が連携しながら、各地域で様々な人材育成を展開しています。拠点数の多い中国、東南アジアでニーズの高い、省エネ、化学物質管理、廃棄物管理の研修、そしてとくに中国では急速に強化されている環境法規制に確実に対応するための研修などを実施しています。

また当社は、大気汚染の主な原因となるSOx(硫黄酸化物)・NOx(窒素酸化物)、水質汚濁の指標であるBOD(生物化学的酸素要求量)・COD(化学的酸素要求量)の適正な管理に取り組んでいます。

SOx・NOxの管理事例:パナソニック エコソリューションズ内装建材株式会社 群馬工場

SOx(Nm³/h) 年度 施設名 実績平均値 実績最大値
2013 1号ボイラー 0.11 0.12
4号ボイラー 0.02 0.02
6号ボイラー 0.02 0.02
2014 1号ボイラー 0.08 0.10
3号ボイラー 0.06 0.06
4号ボイラー 0.03 0.03
2015 1号ボイラー 0.09 0.11
3号ボイラー 0.07 0.07
5号ボイラー 0.06 0.06

1号ボイラー 法令規制値:23.44、自主規制値:4.00、計測頻度:2回/年
2013・14年 他のボイラー 法令規制値:0.65、自主規制値:0.50、計測頻度:1回/年
2015年 3号ボイラー 法令規制値:1.12、自主規制値:0.50、計測頻度:1回/年
5号ボイラー 法令規制値0.61、自主規制値0.50、計測頻度1回/年
当該年度において計測値が高かったボイラー3基の実績を掲載

NOx(ppm) 年度 施設名 実績平均値 実績最大値
2013 1号ボイラー 280.00 290.00
4号ボイラー 80.00 80.00
6号ボイラー 78.00 78.00
2014 1号ボイラー 305.00 320.00
3号ボイラー 110.00 110.00
4号ボイラー 92.00 92.00
2015 1号ボイラー 295.00 320.00
3号ボイラー 100.00 100.00
5号ボイラー 100.00 100.00

1号ボイラー 法令規制値:350.00、自主規制値:320.00、計測頻度:2回/年
他のボイラー 法令規制値:250.00、自主規制値:180.00、計測頻度:1回/年
当該年度において計測値が高かったボイラー3基の実績を掲載

BOD・CODの管理事例:パナソニック エコシステムズ株式会社 本社工場

BOD(mg/l) 年度 施設名 実績平均値 実績最大値
2013 排水処理施設/総合排水口 3.40 6.80
2014 排水処理施設/総合排水口 2.91 9.50
2015 排水処理施設/総合排水口 2.20 4.30

法令規制値:25.00、自主規制値:16.00、計測頻度:1回/月

COD(mg/l) 年度 施設名 実績平均値 実績最大値
2013 排水処理施設/総合排水口 4.13 5.80
2014 排水処理施設/総合排水口 4.66 8.70
2015 排水処理施設/総合排水口 3.80 7.60

法令規制値:25.00、自主規制値:16.00、計測頻度:1回/月

モノづくりにおける環境負荷低減活動

兵庫県にあるオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 加西事業所では、車載用の角形リチウムイオン電池を製造しています。同事業所は、2013年度に工場全体の消費エネルギーの3分の1以上を占めていた空調設備が、最高の効率・能力で運転するための条件を独自の演算式で導き出し、省エネ効果を事前にシミュレーションする方法を確立しました。このようにして省エネ施策を検討・実践したことで、同事業所は空調設備や計測機器への投資を行うことなく、2014年度は前年度比でエネルギー使用量を原油換算で690.7㎘、CO2排出量を1,356.8トン削減しました。この事例が評価され、平成27年度省エネ大賞 省エネ事例部門で経済産業大臣賞(節電分野)を受賞しました。

車載用角形リチウムイオン電池を製造する加西事業所

車載用角形リチウムイオン電池を製造する加西事業所

工場の屋上にあるデシカント空調機の設定確認

工場の屋上にあるデシカント空調機の設定確認