水資源保全に対する考え方

地球上で利用可能な淡水は水資源全体の0.01%程度に過ぎません。また、ダボス会議を運営する世界経済フォーラムは、毎年発表するグローバルリスク報告書において、今後の経済発展や人口増加による水使用量の増加を見据え、世界で最も影響力が大きいグローバルリスクのひとつとして水危機を継続的にあげています。
社会問題として水不足の深刻さが増す中、当社は、企業の社会的責任の遂行と経営リスク低減のため、商品・生産活動の両面から水資源保全に取り組んでおり、環境基本方針において、効率的な水の利用と汚染防止により、水資源の保全に努めることを定めています。2018年度に向けた環境行動計画グリーンプラン2018では、商品の取り組みとして、節水商品・水循環に貢献する商品の拡大を目指しています。一方、生産活動では、水使用量削減と循環利用拡大のため、事業活動全体を通じた水資源の保全を図っています。またリスク管理の観点から、2018年度までに当社の全ての製造拠点における水リスクアセスメントを完了させることを目指しています。
その具体的な対応として、水に関する事業活動への影響を把握・軽減していくため、グローバルで製造拠点が位置する全ての地域において水リスクの大きさを評価しました。評価にあたっては、水量不足などの物理的なリスクだけでなく水に関する規制や地域の評判リスクなど、多様な側面からリスクを評価できる世界資源研究所(WRI)のAqueductや、世界自然保護基金(WWF)のWater Risk Filterといった評価ツールや各国政府などの公的データベースを活用しています。今後は、水リスクが高い可能性がある地域において、現地情報や水使用量などの拠点情報を詳細に分析し、事業活動への影響を、より具体的に特定していきます。また、水リスク影響が大きいと判断した地域においては、重点的に水使用量削減や循環利用拡大を推進し、経営リスクの低減を図るとともに、水資源保全に取り組んでいきます。
このような活動を推進するにあたり、当社では水管理を含む環境経営の推進体制を構築し、PDCAのマネジメントサイクルを回して、環境経営のレベルアップを図っています。またリスクを継続的に低減させていくための環境リスク管理体制を組織し、(1)毎年度、環境リスクの洗い出しと全社リスクマネジメント推進、(2)環境リスク発現時の迅速な対応を進めています。今後もこのような活動を通して、継続的に環境リスクの管理を行っていきます。
さらに、2014年に日本の環境省主導で発足した官民連携啓発プロジェクトであるウォータープロジェクトに当社は参画しています。このプロジェクトは健全な水循環の維持または回復の推進などを目的としており、企業の水の取り組みの紹介、水の重要性や情報の発信を行っています。当社は日本政府や他社とも協働して、水資源保全に取り組んでいきます。

商品による水資源保全への取り組み

当社は、商品における水の使い方を徹底的に分析し、水流制御、水量制限などの機能を向上させ、水を最大限に活用することで、気遣いなくとも節水を可能にします。2011年度からグリーンプロダクツの判定基準に水の項目を充実し、節水する商品の開発を加速しています。

ビルトイン食器洗い乾燥機

2015年12月に発売したビルトイン食器洗い乾燥機Kシリーズは、エコナビ機能がさらに進化。従来の汚れ・食器量センサーに加え室温センサーを搭載することで、よりきめ細かい制御が可能となりました。汚れに応じて水すすぎの回数、食器量に応じて加熱すすぎの温度や乾燥時間、室温に応じてヒータ加熱時間を最適に設定するため、エコナビ運転をしない場合と比較して、最大約12%※1の節電、節水約17%※1、年間ランニングコストは約2,000円節約できます。さらに、2段構造のプラネットアームノズルを採用。洗浄水を強力噴射して汚れを吹き飛ばす低速回転の下段ノズルと、高速回転で庫内に洗浄水を高密度で行きわたらせる上段ノズルの2種類の水流を組み合わせることで、洗浄時約18%※2の節水を実現します。

※1 NP-45KD7シリーズの場合
※2当社従来製品NP-45MD5シリーズ(標準コースの使用水量約11リットル)とNP-45KD7シリーズ(標準コースの使用水量約9リットル)との比較において

ビルトイン食器洗い乾燥機Kシリーズ

ビルトイン食器洗い乾燥機Kシリーズ

ホームシャワー

マレーシアやタイなどで展開している、ホームシャワーDH‒3KD/4KD/6KDHシリーズは、多くの細かなエアー粒子を水に混合する ハイブリッドシャワーシステム(e-Hybrid)を採用しました。日常よく使われる シャワー流水量の範囲で、エアーポンプにより、1分間に約1.5Lの空気を送り込むため、(大きさ0.15CCのエアー微粒子を、1分間当たり約15,000個混合)同じシャワー強度で比較した場合、一般的な温水シャワーと比べて、水の消費量と水をお湯にするために必要な消費電力をそれぞれ約20%削減できます。豊富なエアー粒子を混合することで、血行促進にも効果があります。

ホームシャワーDH‒3KD/4KD/6KDHシリーズ

ホームシャワーDH‒3KD/4KD/6KDHシリーズ

家庭用自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機 エコキュート

2015年11月に発売したエコキュートHE-JPU37HXSは、ヒートポンプユニットの水冷媒熱交換器の冷媒管形状を進化させたほか、貯湯ユニットには業界初のダブル真空断熱材を採用。業界トップクラスの年間給湯保温効率(JIS)3.8※3で2017年度省エネ基準を満たしています。
さらに、水を足さずにお風呂のお湯を設定温度まで下げる業界初の温浴セレクト機能※4を搭載。お風呂のお湯の熱だけを貯湯タンクに戻すことで、さし水なしで湯温を下げることができるので、ムラなくお好みの湯温にすることができ、節水につながります。

※3 家庭用ヒートポンプ給湯機において。当社調べ。2015年9月28日現在。HE-JPU37HXSにおいて年間給湯保温効率(JIS)は、消費者の使用実態を考慮に入れた給湯保温効率を示すために、1年間を通してある一定の条件をもとにヒートポンプ給湯機を運転した時の単位消費電力量あたりの給湯熱量およびふろ保温熱量を表したもの。値は省エネモード(おまかせ節約)で測定した値であり、実際には、地域条件・運転モードの設定や使用条件等により変わります
※4 家庭用ヒートポンプ給湯機において、当社調べ。2015年9月28日現在。台所リモコンでお好みの温度に変えられる温浴セレクト機能は、JP、Jシリーズフルオートのみに搭載

家庭用自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機 エコキュート HE-JPU37HXS

家庭用自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機 エコキュート HE-JPU37HXS

タンクレストイレ

2015年12月に発売した タンクレストイレNewアラウーノⅤは、当社が2014年度スーパーGPに認定した高級タイプ 新型アラウーノと同様、節水性能の向上に注力したモデルです。便器には水アカが付きにくい有機ガラス系新素材を採用し、お手入れ時の洗剤や水の使用量を削減。独自の便器形状による水流コントロールにより、少ない水でも洗浄ができるよう設計されています。また、ムダな凹凸や汚れの入る隙間を少なくしたデザインにより、拭くだけで簡単に本体のお掃除ができ、洗剤や水の使用量をさらに削減できます。

タンクレストイレNewアラウーノⅤ

タンクレストイレNewアラウーノⅤ

生産活動における水資源保全への取り組み

当社は生産工程排水、空調系統排水などを回収し、水を再利用することで、新規補給水および排水放流量を削減し、生産活動の取水・排水による水資源への負荷を削減しています。世界には水不足に脅かされる地域が数多く存在しており、当社は重点取り組み地域を絞り、活動を進めています。2015年度の工場水使用量は、2,889万m3となり、前年度比で10.8%削減しました。また、工場水使用量生産高原単位※1は、構造改革による生産拠点集約などのため、前年度比で原単位が良化しました。2015年度の水の循環利用量※2は892万m3であり、水使用量に対する循環水量の割合は31%となりました。

※1 工場水使用量生産高原単位=工場水使用量÷生産高
※2 同じ目的のために単に循環させている水(クーリングタワーの冷却水等)は除外して算定

生産活動における水使用量と原単位

注:2009年度は当時の三洋電機・パナソニック液晶ディスプレイを含まず

2015年度水使用の内訳(地域別)

水使用の内訳(地域別)

社内カンパニーであるオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社では、2015年度の水使用量の目標1,850万m3に対し、実績は1,726万m3となりました。
また、水の循環利用も積極的に行っています。パナソニックインドグループのテクノパークでは、水資源の持続可能な循環を目指して、工場で使用する水が100%循環するシステムで設計されています。工場で使用する水は地下水を使用し、使用後は排水処理を行った後、下水や河川への放流などを行わずに、トイレ洗浄水への再利用や芝生への散水に利用し再び地下水として循環させています。また、敷地面積に対して必要な地下水量を計算し、算出された量以上に水を使わないことにより、地下水の保全に貢献しています。

パナソニックインド テクノパークの水循環システム