公正な事業活動:模倣品対策の取り組み

模倣品は、約8割が中国で製造されていると言われており、インターネットの進展とともに全世界に拡散しています。また、昨今においては、コンシューマー向け商品からB2B向け商品まで裾野が拡がっており、一般のお客様に対して品質問題(事故・ケガ)を引き起こすだけでなく、社会全体に対して経済的損失(税収減、企業の開発意欲の減退)や安全問題(国家安全保障の脅威・犯罪/テロ組織の資金源)に発展しています。
当社は、模倣品の撲滅に向け、製造、大規模商談会、輸出入、卸、販売といった模倣品の様々な流通段階において、お客様や社会に被害が及ぶことを阻止すべく、幅広い対策をグローバルで実施しています。
今後とも、弊社のお客様と社会に対する信頼と満足の証であり、かけがえのない資産であるブランドを違法に表示する模倣品に対し、毅然とした態度で対応します。

<具体的対策>

  • 製造工場を摘発し模倣品を押収
  • 中国における大規模商談会で模倣品の商談成立を阻止
  • 各国税関で模倣品の差止め
  • 各国の販売先(ECサイト含む)で模倣品販売を阻止
  • 各国当局と連携した市場への啓発活動
  • 法制度や法運用が不十分な国の政府に対して改善を求める働きかけ
写真:摘発した模倣品を破棄する様子

ベトナムで当局により行われた模倣品の破壊式

コンシューマー向け商品の模倣品

<電池>

写真:模倣品4点の電池

<家電>

写真:模倣品の家電(左上:炊飯器、右上:アイロン、左下:ポット、右下:ドライヤー)

B2B向け商品の模倣品

<自動ドア>

写真:模倣品の自動ドア部品

<電子部品>

写真:模倣品の電子部品

<配線器具>

写真:模倣品の配線器具

<モーター>

写真:模倣品のモーター部品