労働安全衛生:評価

労働災害の発生状況と対応

労災発生率
労災発生率

出典:「全産業」「電気機械器具製造業」のデータは厚生労働省のWebサイトより

労災による損失日数
労災による損失日数

※ 労働災害によって失われた被災者の労働日数の合計

労災による強度率
労災による強度率

※ のべ労働時間1,000時間あたりの労働損失日数の割合

労災発生事業場では、発生原因の追究と再発防止対策を行うとともに、全社で災害事例の共有化を行い、各事業場で未然防止の取り組みを実施しています。
重量物や化学物質を扱うなどの特殊作業については、SDSによる作業確認や適切な保護具の提供を行い、出来るだけ、作業を減らすよう努めるとともに、法令に基づく追加の健康診断を実施し、健康への影響が発生しないよう継続的にモニターしています。
間接部門におけるVDT作業についても、1日4時間以上の作業を行ない、本人、または上司・産業医が必要と判断した従業員に対して、年1回の特殊健康診断を実施しています。