2011年度 農芸化学技術賞

2011年5月6日、パナソニック ヘルスケア株式会社と池田糖化株式会社は、『FADグルコース脱水素酵素の発見と、それを応用した新規血糖値センサの開発』の功績において、社団法人 日本農芸化学会主催の2011年度「農芸化学技術賞」を受賞しました。

同賞は、農芸化学の分野において注目すべき実用的価値のある、技術的業績をあげた会員に対し、社団法人 日本農芸化学会より授与されるものです。

『FADグルコース脱水素酵素の発見と、それを応用した新規血糖値センサの開発』

受賞者

中南 貴裕、中山 潤子/パナソニック ヘルスケア株式会社
小村 啓悟氏、眞田 浩一氏/池田糖化工業株式会社

概要

糖尿病患者は世界で2億8500万人(2010年)いるといわれ、今後も増加が予測されています。糖尿病では日に数回血糖値を測定し、その値に応じて投薬することにより、血糖値を適正に管理する療法が用いられています。血糖値測定や投薬を自身で行うことができれば通院の必要がなく、また細やかな管理が可能となります。
本開発では、FAD(フラビンアデニンジヌクレオチド)グルコース脱水素酵素の発見により高精度血糖センシングの基礎を築くと共に、患者様自身が極微量の血液で、簡便かつ正確に測定できるセンシングプラットフォームを確立しました。これにより、世界に先駆け、高精度の血糖値センサを実用化することに成功しました。本開発の血糖値センサはグローバルに販売され糖尿病の方々の健康維持に貢献しています。

血糖値センサの構造