第58回大河内賞 大河内記念生産賞
『DVD/CDドライブ用モノリシック二波長高出力レーザの開発と実用化』

2012年3月23日、当社の『DVD/CDドライブ用モノリシック二波長高出力レーザの開発と実用化』が「第58回(平成23年度)大河内賞 大河内記念生産賞」を受賞しました。

大河内賞は、(財)大河内記念会が毎年、わが国の生産工学、生産技術の研究開発、および高度生産方式の実施等に関する顕著な功績を表彰するもので、日本で最も権威ある賞のひとつです。

開発の背景

2000年以降、CDからDVD、再生型から記録型へ発展を続けてきた光ディスクドライブは、記録型DVDの本格的な拡大期を迎えるにあたり、その記録再生を担うキーデバイスである光ピックアップの小型化、薄型化が強く求められていました。
当時の記録型DVD用光ピックアップは、記録型DVD用の赤色半導体レーザ(リン系材料)と記録型CD用の赤外半導体レーザ(ヒ素系材料)の全く異なる2つのレーザを用いていたため、記録型CDと記録型DVDそれぞれに、個別の光学系をもつ複雑な構成であり、光ピックアップの簡素化、薄型化が大きな課題となっていました。

開発技術の概要

当社は、記録型DVD用光ピックアップの簡素化、薄型化を可能にするため、記録型DVD用の赤色半導体レーザと、記録型CD用の赤外半導体レーザのワン チップ化に取り組んできました。 レーザの材料、構造、製造プロセスを全て見直し、ヒ素の使用を極限まで減らした構造で、赤色半導体レーザと赤外半導体レー ザを、ひとつのプロセスで製造できる技術開発に成功しました。 これにより、半導体レーザの製造プロセスの主要工程数を半減するとともに、レーザ製造プロセ スの課題であった熱処理工程も大幅に削減することで、レーザの特性劣化を抑制し、信頼性向上とコスト低減を実現しました。 このような新しい製造プロセスの 開発に加え、独自に開発したレーザ設計技術により、低消費電力化と高出力化を両立するモノリシック二波長高出力レーザを実現しました。

開発技術の成果

モノリシック二波長高出力レーザを用いることにより、これまでの2つの半導体レーザを用いる方式と比べて、光ピックアップの光学部品点数を半減できるという大きな特長があります。
また、1つのレーザチップから赤外、赤色の2つのレーザ光が得られるため、発光点の調整工程が不要となり、光ピックアップの生産性も大幅に向上することが 可能となりました。 更に、低消費電力化と高出力化の両立により、光ピックアップ及び光ディスクドライブの薄型化が進み、熱環境の厳しい薄型ノートパソコン においても高速データ書き込みが可能となりました。 現在では、記録型光ピックアップの大半が本方式を採用しており、記録型DVDを搭載するPC、レコーダ 等のIT、民生機器産業の進展を支えています。