平成27年度(第64回)電機工業技術功績者 表彰を受賞

2015年4月10日、第64回電機工業技術功績者表彰が決定し、パナソニックグループから5件、9名が受賞し、その内、1件が家電部門の優秀賞、1件が重電部門の優良賞を受賞しました。

同賞は重電部門、家電部門、ものづくり部門の各部門において、新製品・新技術開発などによって優れた成果を挙げ、電機工業の進歩発達に貢献した人を表彰するもので一般社団法人 日本電機工業会より贈呈されるものです。

今回の当社の受賞者と業績は以下のとおりです。

受賞式写真

受賞式写真

家電部門 優秀賞

『おしり揉ねつマッサージ機能を搭載したマッサージチェアの開発』

受賞者

森田 芳年/アプライアンス社 主任技師
渥美 将利/アプライアンス社 主任技師

開発の背景

腰のコリの解消と人の手のようなマッサージを行うためには施療子をお尻に届かせる機構としなやかな施療動作が必要でした。従来の当社マッサージチェアでは構造的な制約から、上下方向は腰下まで、幅方向は肩上のツボの肩井(けんせい)の幅までに制限されていました。また、施療子が人体に与えるもみ感触は強さを変えることができるものの、マッサージ師が腕の関節や体重の掛け方で行うようなしなやかな調整はできていませんでした。

開発技術の概要

人の揉み味に近づくマッサージチェアを以下の技術により実現しました。
(1)「おしり」に届くチェア構造の実現
座面エアーを利用して人体を持ち上げることで、モミ玉をおしりに下方から当たるような構造を開発しました。また、腰エアーを使って着座姿勢をコントロールし、骨盤の姿勢を後傾から前傾に変化させておしり深層筋にモミ玉を強く当たるようにしました。
(2)おしりモミ最適手技の開発
おしり施療には痛みを生じる部分(骨)を回避し、気持ち良さを感じる部分(筋肉)を正確に狙う必要があり、様々な体型のモニター評価により痛みと気持ち良さの部位をマップ化し、施療コースに展開しました。また、表層筋(大臀筋)や深層筋(梨状筋)にプロのマッサージ師の施術や順序を参考に、おしりに適切な専用手技を開発しました。
(3)インピーダンス制御による揉み味可変の実現
モミ玉の前後方向の駆動について、仮想の機械インピーダンス特性(慣性、粘性、弾性)となる力学モデルにもとづいた制御を採用しました。このモデルのパラメータはプロのマッサージ師の施術を参考に設定し、人のしなやかで多彩な揉み感触に近づくようにしました。

開発技術の成果

腰のコリ解消に向け、お尻の深層筋にとどく施療構造とお尻の筋肉に適した手技、施療順序を行う専用コースによる最適施療の実現と、人の手で揉まれているような力強くしなやかなモミ味を実現し、全身疲労を回復するマッサージチェアを開発しました。

マッサージチェア

マッサージチェア

「お尻」に届くチェア構造

「お尻」に届くチェア構造

受賞者コメント

(左から)渥美 将利、森田 芳年

森田 芳年

今回、歴史ある電気工業会技術功績者表彰の優秀賞に選んでいただき、光栄に思うとともに身の引き締まる思いです。おかげさまを持ちまして市場の評価も好評であり、お尻もみという新たな分野に開発者一同が真摯に取り組んだ成果であると自負しております。ここに改めまして開発から製品化に携わった関係者の皆様に感謝するとともに、より一層お客様に喜んでいただける健康機器の開発に努める所存です。

渥美 将利

この度は電気工業技術功績者表彰 優秀賞をいただき大変光栄に存じます。本開発では、お尻の筋肉位置を明確にし、お尻の気持ちよさと痛さを科学的に検証することで満足度の高いお尻のマッサージを実現することができました。開発に携わった皆様のご支援、ご協力に深く感謝申し上げます。今後も、今回の受賞を励みに、お客様に感動を提供する新技術、新製品の開発に努めて参ります。

重電部門 優良賞

『Liイオン電池搭載電気自動車対応高容量EVリレーの開発』

受賞者

榎本 英樹/オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 主幹技師
池田 陽司/オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社

重電部門 奨励賞

『停電対応燃料電池システムの開発』

受賞者

後藤 尋一/アプライアンス社スマートエネルギーシステム事業部 課長

重電部門 奨励賞

『スマート住宅用分電盤の開発』

受賞者

水野 洋二/パナソニック エコソリューションズ電路株式会社
篠田 尚規/パナソニック エコソリューションズ電路株式会社

家電部門 奨励賞

『PM2.5対応加湿空気清浄機の開発』

受賞者

上田 武志/パナソニック エコシステムズ株式会社 主務
藤田 尚吾/パナソニック エコシステムズ株式会社

関連情報