平成27年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門)を受賞

2015年4月15日(水)、平成27年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者が決定し、パナソニックから3名が科学技術賞(開発部門)を受賞しました。

同賞は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者について、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、もって日本の科学技術水準の向上に寄与することを目的とし、文部科学省が表彰しています。

今回の当社の受賞者と業績は以下のとおりです。

受賞式写真

受賞式写真

『広視野角で低消費電力を実現したIPS方式液晶パネルの開発』

受賞者

小野 記久雄/パナソニック液晶ディスプレイ株式会社 顧問
今城 育子/同社 課長
桶 隆太郎/同社 課長

開発の背景

IPS(インプレーン・スイッチング)方式液晶パネルは広視野角が特徴であり、1990年代に20型以下の液晶モニターへの採用からスタートしました。しかし、より大型・横長のテレビや高精細モニター、あるいはスマートフォン、タブレット端末などのモバイル機器への搭載に向けては、横方向のさらなる広視野角化、低消費電力を実現する高透過率(開口率)化が求められていました。

開発技術の概要

本開発では、広視野角化のために、棒状液晶分子を画面横方向に配置、これを画素内で相殺するように2つの回転方向を持たせる画素平面構造を開発しました。さらには、高透過率化のために、配線からの電界ノイズを透明対向電極でシールドする画素断面構造を開発しました。

開発技術の成果

本開発の画素平面構造により、左右45°から見た時と正面から見た時の色変化差を半減(※1)し、更にはシールド構造により透過率を1.5倍(※2)に高める効果が得られました。
本成果は、2005年に販売を開始した32型テレビ用液晶パネルを筆頭に、現在までに発売されたIPS方式のモバイル機器(特にスマートフォンやタブレット端末)や高精細モニターなど多数の機器へ適用されています。

※1:液晶分子を画面と平行に縦方向に配置していた従来のIPS液晶パネル比
※2:配線へのシールド構造を使用していないIPS液晶パネル比

図1 画素の平面構造

図1 画素の平面構造

図2 画素の断面構造

図2 画素の断面構造

受賞者コメント

小野 記久雄

小野 記久雄

1999年の発想から15年。品質課題を克服し,32形TVパネルを量産できた2004年までが第1の山。競合液晶TV技術と切磋琢磨の2010年までが第2の山。それが今や高精細液晶の代名詞的技術に育っている。今は我が子の成長を見守る思いです。その度,難局を乗り切って頂いた弊社を中心とする関係各位に改めて感謝したい。ありがとうございます。代表の一人として頂いた本賞を誇りにします。

今城 育子

今城 育子

IPS素人であった私が、偶然にも本技術の立ち上げに参加させていただいたのが2002年。本当に多くの課題がありましたが、「対策案は必ずある」と、皆でアイディアを出し、厳しく評価し、結果として世界中の人が使うデバイスに成長しました。IPSの進化に携わった皆様に感謝いたします。これからも、より良いIPS商品を開発できるよう邁進していきたいと思います。ありがとうございました。

桶 隆太郎

桶 隆太郎

このたびこのような名誉ある賞を頂き誠に光栄に存じます。本技術開発を思い起こすと、今も弊社の設計・製造・品証で活躍されている多くの方々の顔が思い浮かびます。当時、苦労はありましたが、開発から製造に至る会社全体が同じ目的に向かい夫々が自分のことと捉えて解決していたので、業務遂行はやり易くやりがいに満ち溢れていました。これからも技術開発部門として切磋琢磨しお客様の喜んで頂けるディスプレイの商品提供のため力を尽くす所存です。

関連情報

パナソニック液晶ディスプレイ株式会社
http://www.panasonic.com/jp/company/pld.html