パナソニック技報 最新号

パナソニックグループの技術論文誌「パナソニック技報」では、開発者自らが記した技術論文、技術解説をご紹介しています。わたしたちが開発した技術成果をひろく公表することによって、社会からご意見をいただくとともに、技術の進歩、社会の発展に寄与することを目的に、年2回(5月、11月)発行しております。(冊子体の販売はいたしておりませんのでご了承ください。)

本ページでは、パナソニックグループの技術論文誌「パナソニック技報」の概要(テキスト)と全文(PDF)をご覧いただけます。また、バックナンバーもご用意しています。パナソニックグループの技術成果をぜひご覧ください。

トピックス

2016年5月16日

2016年5月号 Vol.62 No.1 を発行しました。次号は2016年11月15日に発行予定です  NEW

2015年11月16日

2015年11月号 Vol.61 No.2 を発行しました。次号は2016年5月16日に発行予定です

【5月号】MAY 2016 Vol.62 No.1

(2016年5月16日公開)

特集:住宅

環境問題,グローバル化,少子高齢化など住宅を取り巻く環境は大きく変化し,ライフスタイルも多様化しています.住宅では「守る」「住む」「繋ぐ」といったさまざまな技術が必要となります.当社では “ヒト”を中心とした健康で快適な住空間の実現を目指して,住宅に関するさまざまな技術の開発を行なっています.本特集では,パナソニックの住宅に関する最新の取り組みについて紹介します.

住宅特集によせて

パナソニック(株) エコソリューションズ社
専務 技術本部・本部長 竹川 禎信

招待論文

住宅環境における課題と将来展望

早稲田大学創造理工学部建築学科
教授 田辺 新一

日本は,2030年までに2013年比26 %の二酸化炭素排出量の削減を約束した.家庭部門が徹底的に努力する必要がある.ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)を実現して行くことが大切である.省エネのみではなく,冬季の非居室の室温維持と夏季の寝室の環境などの健康性能向上も必須である.スマート社会の実現が望まれる.

技術論文・技術解説

[論文]鉄鋼系工業化住宅における構造最適化アルゴリズム

中川 大輔,佐田 貴浩,吉富 信太

遺伝的アルゴリズムをもとに,鉄鋼系工業化住宅を設計対象とした構造最適化アルゴリズムを構築した.実物件ベースのモデルを用いた検証によってその有効性を確認し,実務構造設計へ適用しうる可能性を提示した.

代表図

[論文]拡張型鋼管を用いた低層建築物の地盤補強工法

内藤 康夫,黒柳 信之,松原 茂雄

軟弱な地盤においても,安定した建築物を建てることが出来る地盤補強工法として,直径φ36 mmの鋼管を地中でφ54 mmに拡張させることにより,周辺の地盤を締め固め,地盤の強度を増大させる地盤補強工法を開発した.

代表図

[論文]マレーシアの住宅における断熱・換気技術の導入効果

梅本 大輔,東木 宏樹,西尾 和典

本研究では,東南アジアの住宅における健康・快適な住空間づくりを狙いとし,マレーシアのモデルハウスを対象に断熱・換気技術導入の有用性を実測により検証した.

代表図

[論文]冬季住宅における冷え症者と非冷え症者の生理心理量の比較

河田 真理子

冷え症者と非冷え症者では温熱的快不快感に違いがあり,冷え症者は特に足に強い冷えを感じていた. 冬季住宅の快適性を検討するには,冷え症等の体質による影響を加味する必要がある.

代表図

[論文]全熱交換素子向け湿度透過膜

浜田 洋祐,福本 将秀,畑 元気,藤本 真司,松居 栄太郎

全熱交換素子に用いる湿度透過膜の最適化と薄膜化により,従来品と比べ透湿度を約40 %向上した.本技術により,室外の気温が-30 ℃まで低下する寒冷地で通常運転できる熱交換形換気装置を実現した.

代表図

[論文]ナノファイバーを用いた空気清浄機用集塵フィルター濾材

高橋 慶太,辻 由浩,稲垣 純

大気中の粉塵粒子を捕集する集塵フィルターの高性能化に対し,繊維径の異なるナノファイバーを積層し,そのバランスを最適化することで,高い初期性能と耐久性を兼ね備えたフィルター濾材を開発した.

代表図

[論文]高効率LED照明のための輝線発光蛍光体

大塩 祥三,佐藤 夏希,阿部 岳志,山﨑 圭一

LED照明のいっそうの効率向上には,輝線発光蛍光体の開発が必須となる.本稿では,三価希土類イオンを付活剤とする蛍光体の調査の中で見出した新規な蛍光体とその蛍光特性を紹介する.

代表図

[論文]知的作業における集中度評価指標と集中度向上照明

大林 史明,石井 裕剛,下田 宏

オフィスや学習の場などにおける,執務者・学習者の知的作業時の集中度を客観的・定量的に評価できる技術を開発した.また,集中度を向上させる照明システムを開発し,従来照明と比較し集中度を向上率平均で10.0 %向上させる効果が確認された.

代表図

[論文]画像解析による木質床材の外観評価法

齋藤 あかね,岡田 直樹,仲村 匡司

木質床材の外観向上を図るために,木質床材の外観特性に寄与し,印象評価にも対応しうる定量値を画像解析により取得する手法を開発した.本研究により,木質床材の着色方法や表面仕上げなどの違いによる外観の差異が定量評価できるようになった.

代表図

[解説]省エネで隙間・段差がなくお手入れラクラクな「あったか速暖便座」

齋藤 隆久,小森 智景

省エネ性とお手入れ性を両立することを目的に開発された「あったか速暖便座」は主に「隙間・段差レスを実現する振動溶着・切削技術」「難燃PPの薄肉成形技術」「薄肉樹脂採用による商品構造」を採用し,2014年6月発売の「新型アラウーノ」に搭載した.

代表図

[論文]住宅用蓄電池群による電力系統安定化のための連携制御技術

渡辺 健一,董 思含,杉本 貴大,溝端 竜也,脇 有紀,工藤 貴弘

再生可能エネルギーの導入拡大や2016年4月の電力制度改革を見据え,住宅用の蓄電池群を制御して買電量を調整する連携制御技術を開発した.これにより,電力需給問題の緩和や電力系統安定化への貢献が可能となった.

代表図

関連するコンテンツ

【5月号】MAY 2014 Vol. 60 No. 1

パナソニック電工技報

【6月号】JUNE 2011 Vol.59 No.2

【3月号】MARCH 2009 Vol.57 No.1

お問い合わせ

パナソニック(株) 全社CTO室 広報担当 E-mail:crdpress@ml.jp.panasonic.com
※アイデアなどのご提案(商品に対するご意見・ご提案等)は、「メールでのお問い合わせ|サポート」までお願いいたします。
※上記以外に関するお問い合わせにつきましてはお手数ですが、「総合お客様サポート」までお願いいたします。