水素・エネルギー分野

研究概要

水素・エネルギー分野では、安心・快適な「水素社会」の実現を目指し、水素を"つくる"、"ためる"、"利用する"のバリューチェーン全体の先端研究(材料、デバイス、システム)を進めています。

"つくる"

再生可能エネルギーからのクリーンで安価な水素製造を目指し、水の電気分解技術や太陽光による直接水分解技術を研究しています。

"ためる"

水素による大量・長期のエネルギー貯蔵を目指し、吸着や圧縮による高密度水素貯蔵技術を研究しています。

"利用する"

水素の効率的な利用を目指し、PEFC(*1)やSOFC(*2)による燃料電池技術を研究しています。

*1 固体高分子形燃料電池
*2 固体酸化物形燃料電池

水素エネルギー技術でクリーンな未来のくらしを創る

次世代のエネルギー源として、期待が寄せられている水素。
パナソニックが目指すのは、自然と共存するクリーンなくらしです。
住宅のエネルギーとして水素を"つくる"、"ためる"、"利用する"技術を実現することで、資源の枯渇や地球温暖化の解決に貢献します。

  • 再生可能エネルギーによる水素の製造でCO2を出さないカーボンフリーなくらしを実現します。
  • 水素による大量・長期のエネルギー貯蔵で、不安定な再生可能エネルギーの安定活用を実現します。
  • 水素によるエネルギーの地産地消でサステナブルな災害時にも強いエネルギー供給を実現します。
実験室でのディスカッション
ドラフトを使っての実験