水素・エネルギー分野

活動拠点: 守口地区

研究概要

水素・エネルギー分野では、安心・快適な「水素社会」の実現を目指し、水素を"つくる"、"ためる"、"利用する"のバリューチェーン全体の先端研究(材料、デバイス、システム)を進めています。
これらの技術によって、”CO2を出さないカーボンフリーなくらし”、”不安定な再生可能エネルギーの安定活用”、”エネルギーの地産地消により、サステナブルな災害時にも強いエネルギー供給”を実現することが可能です。

代表的な研究事例

"つくる"

再生可能エネルギーからのクリーンで安価な水素製造を目指し、水の電気分解技術や太陽光による直接水分解技術を研究しています。

水の電気分解技術の場合には、実用化に向けた最大の課題はコストであり、我々は高効率化と低コスト化を実現する独自の電極触媒などの研究を行っています。こうした材料開発からシステム化まで、シミュレーション手法を駆使しながら最適化を図っています。

水電解の原理
電極触媒の構造モデル

"ためる"

将来の水素社会に向けて、水素の貯蔵技術の向上が期待されています。我々は水素による大量・長期のエネルギー貯蔵を目指し、新規の独自材料による高容量吸着や電気化学式の圧縮による高密度水素貯蔵技術を研究しています。

電気化学式水素圧縮の原理
電気化学反応・熱流体連成
シミュレーション
(ガス組成、温度、湿度など)

"利用する"

水素から直接、より高効率に、そして低コストで発電できる「純水素燃料電池」の開発に取り組んでいます。再生可能エネルギーや次世代エネルギーの実証実験を行っている山梨県米倉山の施設「ゆめソーラー館やまなし」内に試験機を設置し、発電性能試験を実施しています。

また、資源の高効率活用の観点から、SOFC(固体酸化物形燃料電池)の研究もしています。

シミュレーションからの
性能予測
純水素システムの実証試験
(山梨県と共同開発)

私たちが目指す未来

次世代のエネルギー源として、期待が寄せられている水素。パナソニックが目指すのは、自然と共存するクリーンなくらしです。

住宅のエネルギーとして水素を"つくる"、"ためる"、"利用する"技術を実現することで、資源の枯渇や地球温暖化の解決に貢献します。

実験室でのディスカッション