Panasonic Laboratory Fukuoka

織りなすラボ Panasonic Laboratory Fukuoka

人と人、技術と技術、想いと想いを織りなすことで、
私たちは、何を創り出すことができるでしょうか?

ここ福岡では、経済・文化・技術など、世界と盛んな交流が行われてきました。
グローバルな活躍や、スタートアップを応援する環境・気風に満ち、
福岡を、日本を、そして世界をよりよく変えるパワーにあふれた、誇るべき都市です。

Panasonic Laboratory Fukuokaは、パナソニックにとって、大阪、東京に続くオープンラボ。
多彩な個と個がつながり、タテ・ヨコ・ナナメで入り交じり、
"ワイガヤ"の中から新しい価値を生み出すこと。
そして、よりよいくらし、よりよい社会を実現することを目指して、ここに生まれました。

地域の人々、教育機関、企業、自治体が集い、肩書を越えて情報や想いを交換し、
形を与え、挑戦をくり返し、さまざまなアイディアを織りなすラボ。
織りなす集いのなかへ、ぜひあなたも、ご一緒に。

1.ATELIER:アイディアを「見て触れるモノ」に。手を使って議論ができる創作スペース。2.試作室:「そうだ、創ろう。」アイディアを力タチにする、クリエイティブ空間。3.CAFESPACE:煮詰まったときにはちよつと一息。リフレッシングなカフェスペース。4.LOUNGE:タテ。ヨコ。ナナメで入り交じる、”ワイガヤ”共創のためのコミュニケーションハブ。5.MEETING SPACE:お客様をお迎えするための、おもてなしの応接空間。TAPESTRY:博多織の帯がモチーフのシンボルマーク。「知」と「知」を織りなし、新たな価値に思いを馳せる。STAR TABLE:6つの小さなテーブルを自由に組み合わせていろいろな形にする。入り交じりのきっかけに。