光ID技術

街中のあらゆる光源が情報発信する世界

駅やお店など、人が集まる場所には、さまざまな情報を必要とする人がいます。しかし、看板やサインで目に見えるように提示できる情報の量には限りがあります。そのような場所にあふれている、照明やショーウィンドウやデジタルサイネージなどの「光」に情報を載せて、人の手元のスマートデバイスに届けられたら、「誰でもその時必要な情報を、自分の使用している言語で、手元に瞬時に受け取ることができる」世界がやってきます。

「かざす」だけでスマートフォンに情報を表示

パナソニックが開発した光ID技術は、LED光源を高速点滅させることでさまざまな情報を送信できる「可視光通信技術」を発展させたもので、専用アプリを搭載したスマートフォンのイメージセンサー(カメラ)を高速点滅するLED光源にかざしてID信号(光ID)を高速受信する技術です。受信した光IDを元にアプリがサーバーにアクセスして紐付けられた情報を検索し、画面に表示します。

光IDを利用して、サイネージ、看板、ポスターなどにかざしてより詳しい商品情報を表示したり、割引クーポンの配布などが可能になります。間接光も利用できますので、ショーウィンドウにディスプレイされている商品にかざして、商品説明と共に「購入」ボタンを表示してその場で販売するといった使い方も可能です。光を介してリアルな世界からネットの情報へとリンクする、いわば「逆O2O(Offline to Online)」とも言える技術です。

新技術で光の点滅を高速読み取り

スマートフォンにIDを送信する方式としては、Bluetooth®やWi-Fiなどの電波を用いる方式、超音波を用いる方式、QRコードやARマーカーなどのイメージセンサーを利用した方式などさまざまの方法があります。

電波や音波を用いる方式では、干渉を考慮する必要があるため、読み取り対象がある程度離れている必要がありました。また、QRコードやARマーカーなどの画像読み取り方式技術では、情報受信時に読み取り位置を合わせたり、複雑な画像を認識処理するために事前に照合用のデータを入手する必要がありました。これらの課題に対応できる技術として期待されていたのが可視光通信技術です。しかし、情報をカメラで受信する方式では通信速度の限界が十数bps程度でした。また、既存の技術では専用の受信機が必要でした。

パナソニックの光ID技術は、既存技術の2つの課題を一度に解決しました。新技術により光の点滅時の明るさの変化を読み出すことで、数kbpsでの通信が可能となりました。スマートフォンのカメラをLED光源やその光源に照らされた対象物にかざすだけで、光IDをすばやく受信でき、少し離れていても、間に障害物があっても、光が届く場所であれば利用できます。通信速度が向上したことで、通常環境下での光IDの読み取り速度は0.3秒以内と、既存技術と比べ、とても快適な読み取り感覚を提供することが可能になりました。隣接する場所に複数の光ID発信器が設置されていても、スマートフォンを向ける向きを少し変えることでそれぞれの情報を切り替えて受信できます。

また、光IDの発信機器は、デジタル方式のLED光源であれば何でもよく、看板照明やショーウィンドウなどに用いられている間接光やデジタルサイネージで用いられる液晶ディスプレイも利用できます。照明や看板などに点滅を制御するモジュールを組み込むことで、光ID対応の照明や看板とすることができます。専用の受信機が不要となることで、活用シーンが飛躍的に広がります。

光IDを高速に読み取る仕組み

「IDで検索する」ことで広がる応用範囲

この技術は「光ID」という光信号により送信されたID情報をスマートフォン等の受信機で受信し、受信したID情報に紐付けられた情報をスマートフォンの画面上に表示するシステムです。受信したIDに紐付けられた情報がクラウド上にあれば、時間経過とともにクラウド上の情報を更新することで、時間経過と共に提供する情報を変えることができます。クラウドではなく専用アプリ内に複数のIDに対応した情報をあらかじめ格納しておけば、例えばファッションショー会場で舞台にモデルが登場するタイミングに合わせ、送信する光IDをコントロールすることで観客のスマートフォンにモデルに合わせた作品の情報を表示することが可能になるなど、従来は難しかった「イベントの進行に合わせた演出」の可能性が広がります。

また、この技術は、異なる言語を母国語とする人に情報を提供するために役立つことが期待されます。日本では2020年に開催される東京オリンピックに向けて訪日外国人向けの情報サービスが課題となっていますが、同じIDに対してスマートフォンの「言語設定」に合わせて表示される言語を変更することによりスマートフォンをかざすだけで使用者が設定した言語で内容が表示される、多言語対応のサインや看板が実現できるのです。

最新情報

パナソニックの光ID技術は、2016年4月よりサービスの提供を開始し、光IDを送信する機器(デジタルサイネージ用ディスプレイ、照明型送信機など)に加え、「イベント」「施設案内」「広告」の活用シーンに合わせた機能や機器をパッケージ化したパッケージソリューションもご用意しています。

パナソニックの光ID