離床の機会が増えると、
笑顔も増えていきました。

車いすへの移乗にかかる時間や手順を大幅に低減。
介助の負担を減らす離床アシストベッド。

商品特徴

リショーネは、ベッドと車いすが一体型になっているので、ご利用者を持ち上げることなく車いすへの移乗が可能。
介助の効率を高め、ケアの質を向上させます。

解説グラフ:移乗介助所要時間削減、59%削減

その他のUD事例 [多様性]

多様な人材の社会進出が求められる中、より多くの人が平等に生活できる社会を、
ユニバーサルデザインで実現していきます。

音声で教えてくれる

火災の発生を音声でお知らせするので、異常にいち早く気づくことができます。

音声で操作ができる

複雑な操作が苦手な方も自然な言葉で、テレビの基本操作から番組表やインターネットの検索まで、簡単に行えます。

楽な姿勢で出し入れできる

お年寄りや車椅子の方にも楽な姿勢で使える形を追求しました。
 

光でお知らせ

チャイムやフラッシュライトで、チャイムが聞こえにくい方に来客などをお知らせします。

一人ひとりに合わせた使いやすさ

言語と上肢の両方に障がいを持つ方でも、身体のわずかな動きで意思を伝えることができます。

一人ひとりに合わせた使いやすさ

使いやすいシンプルなデザインで、高齢者や手の不自由な方のテレビ操作をサポートします。

関連情報

子どもの安心・安全や子育てに配慮されたものに贈られるキッズデザイン賞を、パナソニック(Panasonic)は様々な商品やサービスなどで受賞しております。