研究活動事例紹介

パナソニックグループでは、研究の成果を「使いやすさ」につなげています。

白内障擬似体験ゴーグル

視野が黄色がかって見えたり、かすみがかって見える白内障は、60歳以上の7割の方が罹患するといわれています。白内障の高齢者の方がどのように見えるかを眼科医と共同研究し、白内障擬似体験ゴーグルを開発。製品、カタログ、パッケージ、取扱説明書などの、表示の見やすさの検証や改善に活用しています。

白内障擬似体験ゴーグル

音声ガイド基準

「音声案内」は、より多くの方に情報を伝える有効な手段になっています。聞き取りやすく理解しやすい音声案内を実現するため、音質や音量、話速、内容・表現、文の長さなどの研究を行い、指標化しています。
2007年から社内基準として採用

音声ガイド基準

PUDフォント

文字の見やすさについて、大きさとコントラストの確保だけでなく、書体自体の研究に取り組みました。 高齢者評価やグローバル調査、研究者へのヒアリングを通じ、(1)視認性 (2)判読性 (3)可読性 (4)デザイン性 の4視点から改善ポイントを抽出。
フォントメーカーの(株)イワタ様と共同開発を行い、2006年にUD仕様の書体を完成させました。この書体は、全てのパナソニックグループ製品の機能表示に使われています。
2008 年には当社グループの社名ロゴにも採用しています。

PUDフォント開発

カラーユニバーサルデザイン

赤や緑系の識別が困難な方にも区別しやすい配色の研究を、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)様と共同で行ない、その成果を、ビエラやディーガのリモコンカラーボタンや、電子番組表の配色に活用しています。CUDOの定める基準を満たした製品に与えられる「CUDOカラーユニバーサルデザイン認証マーク」を取得しました。
2007年から採用

ジャンル別色分け番組表(2008~)
with Color Coded Categories

リモコンカラーボタン(2007~)

触知(凸)記号シール

IHクッキングヒーターに採用しているフラットで拭き取りやすい「静電タッチスイッチ」は、目の不自由な方にとっては、操作性に課題がありました。より安心してお使いいただくため、日本ライトハウス様と共同研究し、わかりやすく耐久性の優れた「触知(凸)記号シール」を開発しました。

ユーザーにて凸記号を検証

動作・負荷・移動性研究

「使いやすさ」という曖昧な感覚を客観的に評価するため、使用時の重心変動や筋負荷などを科学的に解析し、動作特性・身体負担を可視化、定量化して、製品開発に活用しています。

トイレやお風呂掃除における動作・負荷の研究(2004~)

心地よさ研究

握り心地、座り心地など「よい」「わるい」という曖昧な人間の感覚を把持圧、体圧分布解析などにより、科学的に解明し、お客様に気持ちよく使っていただける商品の開発につなげています。

シェーバーの握り心地を検証(2002~)

シェーバー把持圧

安全配慮の研究

家庭内の幼児の事故として「折れ戸開閉時の指はさみ」や「ドアはさみ」が、意外に多く発生しています。幼児の指を想定した「擬似指」により、様々なケースの安全性を評価しています。

様々な擬似指モデルによる評価(2009~)