HOUSE VISION 2016 EXHIBITIONに出展

「IoTで空間発明」をテーマに、
新しい住まいとくらし方のアイディアをプレゼンテーション

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、2016年7月30日(土)から8月28日(日)に東京都江東区・臨海副都心J地区で開催される「HOUSE VISION 2016 EXHIBITION」に出展します。今回は「IoTで空間発明」をテーマに、IoT(Internet of Things)があたりまえになった時代の住まいやくらし方のアイディアを、当社が持つAR(拡張現実)などの技術も取り入れたプレゼンテーションでご覧いただきます。
パナソニックでは、建築家・永山祐子氏とともに、敢えてモノを必要最小限に絞り、建築構成もできるだけ単純化し、簡単に建てられるようにする家を舞台に設定。IoTを活用した家と、新しい暮らし方を表現しています。

家:Panasonic × 永山祐子

進化する家は、全体としてひとつの家電のようになります。
「三匹の子豚」の3つの家の中で建築家、永山祐子が好ましいと考えるのは、軽くて狼に吹き飛ばされてしまう「ワラの家」。堅牢なレンガの家にはない軽さと繊細さがいいと言います。
家」は「の」の字型の丸い壁面に囲まれていて、入り口から室内に自然に導かれます。曲面の壁はすべてがスクリーンとなり、家の中のどこにいても映画やテレビ電話、webサイトが自在に楽しめます。
屋根の登頂には風見鶏のセンサーが付いていて、外気の状態を敏感に察知し、室内の住人にさりげなく知らせます。
キッチンはアイランドとして独立し、風呂やトイレは中央部にまとまり、その上が寝室になります。中央部は四角く設計されていて、この壁を背にすることで、無意識に空間が区画されますが、現実にはシームレスにつながる居住空間です。
四角い隅を持ち、そこに四角い家具や家電を配置するこれまでの空間構成から解放された、俊敏でデリケートな家です。

「の家」壁面
「の家」室内

家:IoTを活用した「くらし方アイディア」

「未来のくらし」
あなたのアイディアをお聞かせください。

印象に残ったくらし方のアイディアやあなたが思う「未来のくらし」、また今後のHOUSE VISIONに期待することなどございましたら、ぜひお聞かせください。

【出展概要】

会期

2016年7月30日(土)~8月28日(日)
11:00ー20:00(最終入場受付 19:30)

会場

お台場・青海駅前 臨海副都心J地区
〒135-0064 東京都江東区青海2丁目1

入場料

一般1,800円(前売1,500円)
学生1,500円(前売1,300円)

HOUSE VISION http://house-vision.jp/

【お問い合わせ先】
パナソニック株式会社 ブランドコミュニケーション本部 Wonder推進室
電話:03-3574-5670(担当:板谷)

マップ