動画を再生

街に、新しいエネルギーがやってきた。

パナソニック 水素エネルギーソリューション

BACKGROUND

このステーションからはじまる、
エネルギーの未来

いま、持続可能な社会に不可欠なエネルギー資源として「水素」が注目されています。その水素をインフラとして普及させることを目標に、パナソニックは静岡市、静岡ガスと官民一体で「静岡型水素タウン」というプロジェクトに取り組んでいます。その第一歩が、静岡市内に開設された水素ステーションでの「純水素燃料電池」の実証実験。水素から電気をつくり施設運営に必要な電力の一部をまかなう、全国でもまだ例の少ない、新しい試みです。

水素の用途変遷

水素の用途は年々広がる見込み
出典:日経BP 総研 クリーンテック研究所

静岡市に開設された水素ステーション

純水素燃料電池が導入された静岡市初の水素ステーション

SOLUTION

純水素燃料電池で、
クリーンな電力を24時間供給

パナソニックは20年以上前から次世代のエネルギー資源「水素」に着目し、研究を続けてきました。2009年には、都市ガスから水素を取り出して電気とお湯をつくる「エネファーム」を実用化。すでに多くのご家庭でご利用いただいています。その実績をベースにした発展形が、CO2を一切出さず、水素だけで発電できる純水素燃料電池。都市ガスから改質する装置が不要なため、エネファームとくらべて大幅な小型化と、起動時間の短縮を実現しました。換算すると約600世帯分もの電力をまかなえるこのステーションのエネルギーを暮らしにも活かせるよう、日々運用データを蓄積し、さらなる研究を重ねています。

※当社試算

水素ステーションに設置された純水素燃料電池

パナソニックの「純水素燃料電池」。静音でコンパクト

PROSPECT

街全体で電力をつくり、
それを融通し合う時代へ

将来的に純水素燃料電池が各家庭に普及すれば、ピーク時には互いの電力を融通し、災害時には地域全体で電力を確保する街づくりも可能となります。また山梨県の「ゆめソーラー館やまなし」では、太陽光由来のCO2フリーな電力から生成された水素による発電も実証実験中。さらに、パナソニックは水素を燃料として「つかう」だけでなく、高効率・低コストに「つくる」、安全・高密度に「ためる」技術の開発を本格化。水から生まれて水に還る、そんな理想のエネルギー「水素」を最大限に活用できる社会の実現に向け、トータルに貢献していきます。

「ゆめソーラー館やまなし」の太陽電池

山梨県「ゆめソーラー館やまなし」では、太陽光発電の余剰電力でつくった水素による発電を実証実験中

「つくる」「ためる」「つかう」。水素をトータルに研究中

水素社会(2030年ごろ)に向けたパナソニックの取り組み

A Better Life, A Better World