SSL3.0の脆弱性に対する対応について

ブラウザ設定の変更のお願い

インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL3.0」において脆弱(ぜいじゃく)性が発見され、暗 号化されている通信の内容が漏えいする可能性があると報じられたことを受け、パナソニックお客様ご相談センターでは、お客様の情報保護を第一に考え、通信 の安全性を確保するために、SSL3.0を無効化いたしました。
SSL3.0の脆弱性対策についての詳しい内容は情報処理推進機構(IPA)のサイトでご確認ください。
IPAのサイトはこちら >

大半のブラウザー(インターネット閲覧ソフト)は、そのままの状態で利用できますが、「TLS1.0」 以上を有効にしていない場合は、ページが閲覧できなくなります。具体的には、ログイン画面やアンケート回答ページを含むアドレスが「https」で始まる ページなどが表示できなくなる可能性があります。

つきましては、通信が出来ない場合は、お使いになっているブラウザーのセキュリティー設定について 「TLS1.0」以上を有効化いただきますようお願い申し上げます。なお、念のため「SSL3.0」を無効化することもお勧めします。設定の詳細はご使用 の各ブラウザーのヘルプをご参照ください。

InternetExplorerの場合は、下記の対応方法のとおり設定ください。
(表示される画面はブラウザーのバージョンによって異なります)

▼対応方法

  1. Internet Explorer の [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [詳細設定] タブをクリックします。
  3. [セキュリティ] カテゴリーで、[SSL 3.0 を使用する] チェック ボックスをオフにし、[TLS 1.0 を使用する]のチェック ボックスをオンにし、(使用可能な場合には)[TLS 1.1の使用]、および [TLS 1.2 の使用]のチェックボックスもオンにし、[適用] をクリックします。
  4. Internet Explorer を再起動します。
    ※詳しくはマイクロソフト セキュリティ アドバイザリ(外部サイト)をご確認ください。

対応方法

各ブラウザの対応状況などSSL3.0の脆弱性対策についての詳しい内容は情報処理推進機構(IPA)のサイトでご確認ください。
IPAのサイトはこちら >

お客様にはお手数をお掛けいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。