部品保有期間を超過した商品の修理対応について

選択いただきました商品は、補修用性能部品の保有基準年数を超過しているため、修理できない可能性があります。点検の結果、修理ができない場合も、出張修理の場合は出張料と見積診断料、宅配修理の場合は宅配費用と見積り診断料をご負担いただきますので、あらかじめご了承ください。