電源は入る?ちゃんと冷える?夏本番前に、 エアコンチェック! 電源は入る?ちゃんと冷える?夏本番前に、 エアコンチェック!

本格的にエアコンを使い始める7月になると、お問い合わせや点検・修理のお申込みが集中し、すぐに対応できない場合があります。夏の暑い時期に、冷房を快適にお使いいただくために、事前にエアコンをつけてみて、不具合がないか確認しておきましょう。

チェックポイント

(1)電源を入れる前に確認

エアコンのブレーカーが「入」になっていますか?

ブレーカーが「切」になっている場合は、「入」にしてください

分電盤

コンセントにホコリがたまっていませんか?

ホコリがたまっている場合は掃除しましょう

リモコンの画面が正しく表示されていますか?

室外機の周りに物を置いていませんか?

物を置いている場合は、片付けましょう

ホコリが原因の発火に注意!

電源プラグとコンセントの隙間にたまったホコリが原因で、コンセント付近から発火することがあります。これを、トラッキング現象といいます。プラグやコンセントまわりは、ホコリがたまらないよう掃除しましょう。

(2)運転モードを「冷房」にして運転

現状の室内温度より3℃以上低くして、運転を開始しましょう。

(3)不具合がないかチェック

タイマーランプが点滅していませんか?

室内機から水漏れしていませんか?

異常ではありません

設定温度20℃未満で長時間運転すると、ルーバーや吹出口に露が付く場合がありますが、異常ではありません。

不具合があった場合は、「故障かな?」をご確認ください。また、夏の間中、エアコンを快適にお使いいただくためには、定期的にお手入れをすることもポイントです。

その他の気になることは、「よくあるご質問」でチェック