電気の基礎知識 電気の基礎知識

アンペアとボルトとワットの関係

電流:アンペア(A) 電気の流れの大きさ
電圧:ボルト(V) 電流を流す力の大きさ
電力:ワット(W) 電気がする仕事の大きさ 

電力(W)=電圧(V)×電流(A)

家電製品のアンペア

いくつかの家電製品を同時に使う場合、アンペアが限度を超えないかと心配になりますが、この式に総ワット数をあてはめれば、その時のアンペアが求められ安全の指標になります。

電流(A)=電力(W)÷100V(一般家庭用電圧)

例)1200ワットのアイロンの場合

1200W ÷ 100V= 12A

コンセントの定格電流は15Aですので、ひとつのコンセントから数台の家電製品を使う場合、それぞれの電力を加えて計算・確認して使用する必要があります。

例)テレビ200ワットとアイロン1200ワット

200W + 1200W = 1400W  
1400W ÷ 100V = 14A

電力量:ワットアワー(Wh) 電気が仕事をして1時間に消費した電気の量
電力料金=電力量(kWh)×27円
※ 新電力料金目安単価(1時間に1000W使用):27円/kWh(税込)
     出所:(社)全国家庭電気製品公正取引協議会による新電力料金目安単価

例)家電製品の電力量と料金:1000Wの電気ストーブを2時間使用

1000W×2時間=2000Wh(2kWh)   27円×2kWh=54円

屋内配線

各家庭に電力会社から送られた電気を各部屋に分けているのが分電盤です。
分電盤には電気の分配の他にも、大切な役目があります。

  1. アンペアブレーカー
    電力会社との契約電流以上の電流が流れると、自動的に電気が切れるようになっています。

  2. 漏電遮断機
    屋内配線や家電製品が万一漏電したとき、その異常電流を感知して自動的に電気を遮断し、火災や感電の事故を防ぎます。

  3. 配線用遮断機
    屋内の配線は分電盤からいくつかの回路に分かれて各部屋あるいはコンセントに運ばれます。この回路(分岐回路)の安全を守るのが配線用遮断機です。
    1回路に流すことのできる電気の量は20Aです。(※ コンセントの定格電流は15Aです。)

インバーター

インバーターとは、家庭用電源を高周波に換え、高出力から低出力まで出力を自由にコントロールする技術のことです。
電源の軽量・小型化や省エネにも効果があります。 インバーター電源を採用している家電製品は、一般的に50Hz60Hz共用で使用できます。