油の量が少なすぎて発火 油の量が少なすぎて発火

天ぷら油は高温になると火種がなくても自然発火します

少量の油で調理をしたことから油の温度が急に上昇し、発火したものです。天ぷら油は、約370度を超えると火種がなくても自然発火します。調理中は絶対にその場を離れないでください。

使える鍋、使えない鍋を確認しましょう

材質、底の直径、形状により使える鍋と使えない鍋があります。取扱説明書でご確認ください。

油の量に注意しましょう

揚げ物をするときは、取扱説明書に指定されている油の量を守りましょう。

揚げ物コースを使用しましょう

揚げ物をするときは、必ず揚げ物コースを使用しましょう。