ふとんなどの可燃物は輻射熱によって発火するおそれがあります

電気ストーブを点けたまま寝てしまったため、ふとんの端が電気ストーブに接触して発火しました。なお、直接ストーブに接触しなくとも、ふとんなど可燃物との距離が近いと、輻射熱(ふくしゃねつ)によって発火するおそれがありますので、十分に注意してください。

電気ストーブのスイッチを切ってから就寝しましょう

就寝する時には、必ず電気ストーブのスイッチを切りましょう。電気ストーブを寝具から離しておいていても、寝返りをうった時に接触してしまい、火災になった事例もあります。また、カーテン等の可燃物が近くにないことも確認ください。