家電情報ポケット

「安全に関するご注意」マークを ご存知ですか? 「警告表示」の正しい見方 「安全に関するご注意」マークを ご存知ですか? 「警告表示」の正しい見方

家電製品を安全にお使いいただくために、製品本体や取扱説明書には注意事項や禁止事項をお知らせする警告表示が書かれています。誤った使い方をすると、けがや火災の原因になることがあります。警告表示の意味を理解して、正しく使いましょう。

警告表示の3段階

使用者への危害や物への損害の程度は、3つのレベルに分類して示されています。

危害・損害の程度

定義

表示方法

危険

(Danger)

取扱いを誤った場合、使用者が死亡または重傷(※1)を負うことがあり、かつその切迫の度合いが高い危害の程度を指します

危険

警告

(Warning)

取扱いを誤った場合、使用者が死亡または重傷(※1)を負うことが想定される危害の程度を指します

警告

注意

(Cauituon)

取扱いを誤った場合、使用者が軽傷(※2)を負うまたは物的損害(※3)の発生が想定される危害・損害の程度を指します

注意

危害・損害の程度

表示方法

定義

危険

取扱いを誤った場合、使用者が死亡または重傷(※1)を負うことがあり、かつその切迫の度合いが高い危害の程度を指します

警告

取扱いを誤った場合、使用者が死亡または重傷(※1)を負うことが想定される危害の程度を指します

注意

取扱いを誤った場合、使用者が軽傷(※2)を負うまたは物的損害(※3)の発生が想定される危害・損害の程度を指します

※1 重傷とは、失明、けが、やけど(高温・低温・化学)、感電、骨折、中毒などで、後遺症が残るもの、及び治療に入院・長期の通院を要するものを指します。
※2 軽傷とは、治療に入院や長期の通院を要さないけが、やけど、感電などを指します。
※3 物的損害とは、家屋・家財および家畜・ペットなどにかかわる拡大損害を指します。

警告図記号の種類

警告図記号には、以下の3種類があります。

禁止図記号

水濡れや引火などの恐れのある
行為を禁止するマークです。

注意図記号

発火、感電、高温などへの
注意を促すマークです。

指示図記号

アース接続など必ず守る(行う)
行為を指し示すマークです。

禁止図記号

禁止図記号

水濡れや引火などの恐れのある行為を禁止するマークです。

注意図記号

注意図記号

発火、感電、高温などへの注意を促すマークです。

指示図記号

指示図記号

アース接続など、必ず守る(行う)行為を指し示すマークです。

禁止図記号とその意味

火気禁止の禁止図記号

火気を近づけてはいけません。製品が発火する原因になります。

接触禁止の禁止図記号

触ってはいけません。ケガ・火傷の原因になります。

風呂、シャワー室での使用禁止の禁止図記号

防水型ではないので、風呂場などで使ってはいけません。漏電によって、感電や発火の原因になります。

分解禁止の禁止図記号

製品を分解してはいけません。感電やケガの原因になります。

水ぬれ禁止の禁止図記号

雨水のかかるところで、使ってはいけません。漏電によって、感電や発火の原因になります。

ぬれ手禁止の禁止図記号

濡れた手で製品を触ってはいけません。感電の原因になります。

注意図記号とその意味

発火注意の注意図記号

使い方を誤ると、発火の原因になります。

破裂注意の注意図記号

使い方を誤ると、破裂の原因になります。

感電注意の注意図記号

分解したり、水をかけると、感電の原因になります。

高温注意の注意図記号

高温になる部分があり、触ると火傷の原因になります。

回転物注意の注意図記号

モーターやファンなど、回転する部分があり、フタやカバーを開けるとケガの原因になります。

指のケガに注意の注意図記号

使い方を誤ると、指のケガの原因になります。

手を挟まれないよう注意の注意図記号

うっかりすると、ドア、入口などで手を挟まれ、ケガの原因になります。

指を挟まれないよう注意の注意図記号

ドア、挿入口などで、指を挟まれ、ケガの原因になります。

指示図記号とその意味

電源プラグを抜けの指示図記号

電源プラグをコンセントから抜いてください。

アース接続の指示図記号

安全アース端子付きの製品の場合、アース線を必ず接続してください。