省エネルギーへの取組み 省エネルギーへの取組み

トップランナー基準

1998年に省エネ法が大幅に改正され、特に民生・運輸部門のエネルギー消費の増加を抑えるため、エネルギー を多く使用する機器ごとに省エネルギー性能の向上を促すための目標基準「トップランナー基準」が設けられました。エネルギー多消費機器のうち省エネ法で指 定するもの(特定機器という)の省エネルギー基準を、各々の機器において、基準設定時に商品化されている製品のうち最も省エネ性能が優れている機器の性能 以上に設定するというものです。

特定機器:28品目 (2013年11月現在)

  • 乗用自動車
  • 貨物自動車
  • テレビ
  • DVDレコーダー
  • ビデオテープレコーダー
  • 電気冷蔵庫
  • 電気冷凍庫
  • ジャー炊飯器
  • 電子レンジ
  • ガス調理機器
  • 磁気ディスク装置
  • プリンター
  • 複合機
  • 複写機
  • 自動販売機
  • エアコン
  • ストーブ
  • ヒートポンプ給湯器
  • ガス温水機器
  • 石油温水機器
  • 電子計算機
  • 変圧器
  • ルーティング機器
  • スイッチング機器
  • 三相誘導電動機
  • 電気便座
  • 電球型LEDランプ
  • 照明器具
    (蛍光灯器具/電球型蛍光ランプ)

省エネラベリング制度

「省エネラベリング制度」は、2000年8月JIS規格によって導入されました。
家電製品を中心に国の省エネルギー基準を達成しているかどうかをラベルに表示するものです。

対象機器:18品目 (2010年7月現在)

  • テレビ
  • DVDレコーダー
  • 磁気ディスク装置

  • 電子レンジ
  • ガス調理機器
  • ストーブ

  • 電子計算機
  • ルーティング機器
  • スイッチング機器

  • エアコン
  • ガス温水機
  • 石油温水機器

  • 冷蔵庫
  • 冷凍庫
  • ジャー炊飯器

  • 蛍光灯器具
  • 電気便座
  • 変圧器

省エネラベル

  1. 省エネ性マーク
    省エネ基準を達成していると緑色、未達成はオレンジ色で表示されます。
  2. 省エネ基準達成率
    その製品が目標値をどの程度達成しているか、%(パーセンテージ)で示します。
    目標値は省エネ法によって製品ごとに設定されています。
  3. エネルギー消費効率・年間消費電力量
    省エネ法に基づき、製品ごとに定めた測定方法によって得られた数値を示すものです。
  4. 目標年数
    省エネ法で、製品ごとに設定されています。

表示内容
省エネラベルは、それぞれの製品のカタログに印刷表示されます。
また、店頭でプライスカードや製品本体にステッカーなどで表示されることもあります。

省エネラベル

省エネ統一ラベル

エアコン、冷蔵庫、テレビ、電気便座、蛍光灯器具(家庭用)については多段階評価制度、省エネラベリング制度及び年間の目安電気料金等を組み合わせた「統一省エネラベル」で表示することになっています。

多段階評価制度(※1)
多段階評価基準は市販されている製品の省エネ基準達成率の分布状況に応じて、省エネ性能を5段階の星で表示する制度です。多段階評価基準は、市販されている製品の省エネ基準達成状況を考慮し、毎年4月1日に改訂されることとなっています。

年間の目安電気料金等の表示(※2)
年間消費電力量のエネルギー消費効率は製品の省エネ性能を表す指標として適当ですが、省エネルギー効果をより 消費者の方に実感していただくために、年間の目安電気料金及び年間の目安燃料使用量(ガス・石油機器)を表示する制度を導入しました。電気料金等は一定条 件のもとに算出されたものであり、使用状況等によって異なります。電気料金は、(社)全国家庭電気製品公正取引協議会の「電気料金目安単価」を用いていま す。

統一省エネラベルの例(冷蔵庫)

国際エネルギースタープログラム

米国環境保護庁と日本経済産業省の相互承認のもとに実施されているOA機器の省エネルギー基準です。一定の省エネルギー基準を満たした製品であることを確認し、届け出を行うことにより、国際エネルギースターロゴを製品等に表示することができます。

対象機器 (2014年1月現在)

  • コンピュータ
  • ディスプレイ
  • プリンター

  • ファクシミリ
  • 複写機

  • スキャナ
  • 複合機

  • デジタル印刷機
  • コンピュータサーバ