室内温度は適温に

冷房は28℃以上、暖房は20℃以下をおすすめします。

室内温度は適温に

こまめに入切しない

運転を開始するときに電気を多く使います。こまめに運転を入切するより温度設定で調整しましょう。

室内温度は適温に

室外機のそばに物を置かない

室外機の吹き出し口に物を置いてふさぐと、冷暖房効率が下がります。冷房時は日よけ等で直射日光を避けましょう。

室外機のそばに物を置かない

カーテンやすだれを併用

厚手のカーテンやすだれなどをうまく活用し、外気の影響をやわらげましょう。夏場の外出時は、昼間でもカーテンを閉めると効果的です。

カーテンやすだれを併用

フィルターはこまめに掃除

フィルターにホコリが溜まって目づまりすると、空気の流れが悪くなり冷暖房効率が下がります。2週間に1度は掃除をしましょう。

フィルターをこまめに掃除

内部の汚れはエアコンクリーニング

お客様自身で内部の洗浄はしないでください。水もれや発煙・発火の原因となります。

お客様自身で内部の洗浄はしない

風向きの調整を上手に

冷気は下にたまるため、冷房時は風向きを水平にします。暖気は上にたまるため、暖房時は下向きにします。
※自動的に調整できる機種もあります

風向きの調整を上手に

扇風機の併用

冷気が部屋の中で循環するようにします。

扇風機の併用

タイマーを上手に活用

就寝や外出時にタイマーを活用して、必要な時間だけ運転します。

タイマーを上手に活用

長期間使わないときはプラグを抜く

待機電力を消費するので、コンセントからプラグを抜きます。

オフシーズンはコンセントからプラグを抜く

窓や戸の開閉は少なめに

ドアや窓はきちんと閉めて、開閉は最小限にしましょう。
 

窓や戸の開閉は少なめに

かしこい商品選び かしこい商品選び

部屋の条件を考慮して選ぶ

間取りや構造など、部屋の条件にあったエアコンを選びます。
例)カタログで「暖房 6~8畳」と記載の場合

省エネ性能が高いものを選ぶ

省エネラベルを確認し省エネ基準達成率が高く、APFが大きいものを選びましょう。また多段階評価による星マークの数が多いものを選びましょう。

愛情点検チェックリスト 愛情点検チェックリスト

こんな使い方はしていませんか?

プラグを抜いて停止させている

運転を停止してからプラグを抜いてください。

プラグを抜く時は、運転を停止してから行なう

スプレー缶を近くに置いている

圧力があがって爆発の危険がありますので、1m以内には置かないでください。

スプレー缶をエアコンの1メートル以内に置かない

冷風を身体に直接当てている

長時間冷風を身体に当てたり、冷やし過ぎたりしないようにしましょう。

長時間冷風を身体に当てたり、冷やし過ぎたりしない

プラグとコンセントの間にホコリ

定期的にプラグに付いたホコリを乾いた布でふきとってください。

プラグに付いたほこりを乾いた布でふきとる

コードを引っ張って抜いている

必ずプラグを持って抜きましょう。

コードを引っ張って抜いている

たこ足配線にしている

たこ足配線はせず、定格を守りましょう。

こんな症状が見られたら

ブレーカーが頻繁に落ちる

架台や吊り下げ等の取付部品が腐食したり、取付がゆるんでいる

室内機から水もれがする

本体がこげ臭い

触れるとビリビリと電気を感じる

本体ランプが点滅する

コードを動かすと運転が止まる

コードやプラグが異常に熱い

コードやプラグがこげ臭い

コードに触れると電気を感じる

プラグが変色している

コード・プラグにキズや変形・硬化があったり、溶けている

故障や事故の可能性があり、危険です。
すぐに使用を中止し、プラグを抜いて、販売店の点検を受けてください。