エアコン エアコン

こまめに入切しない

エアコンは、部屋の温度とリモコンで設定した温度との差が大きければ大きいほど運転の力が強くなり、多くの電気を使います。一方、設定温度を維持しているときは、部屋を冷やす/暖める場合と比べて少ない電気ですみます。

「部屋が涼しくなったらエアコンを止め、暑くなったらふたたびスイッチを入れる」

このようにスイッチの入切を繰り返すと、運転を停止したときに部屋の温度が冷房時はあがり、暖房時はさがってしまいます。その状態でふたたび運転を開始すると、設定温度に達するまでに多くの電気を使います。そのため、こまめに運転を入切するより温度設定で連続運転したほうが、消費電力は少なくなります。

また連続運転した場合でも、エアコンの寿命が縮まるなどの問題はありませんので、安心してお使いください。

※エアコンの設置環境(室内機、室外機)によっては、この限りではありません。