エアコン エアコン

室外機のそばに物を置かない

エアコンの室外機は、周りの空気を吸い込んで、夏は室内の熱を外に放出、冬は屋外の熱を吸収しています。室外機の周りに物を置くと、空気が流れにくくなり、冷房の時は、室外機から出された熱風を再び吸い込んでしまい冷房効率が下がります。室外機の周りにスペースを空けて、風通しをよくし空気がスムーズに流れるようにしましょう。

冷房時は、室外機の周りの空気の温度が低いほど効率がよくなりますので、空気の流れを妨げないように室外機から離れた場所によしずなどで日陰を作くると効果的です。

暖房時は、屋外の熱を室外機で吸収し、室内機で部屋の空気を暖めます。(気温が低くても、熱はあります)室外機から出る風は、熱を吸収するため外気温より低くなります。外気の熱を取り込みやすくするため、室外機の空気の流れを妨げないよう、周りはスペースを空けましょう。積雪のある地域では、室外ユニット周りの雪を除雪してください。