濡れた手で電気器具を触らない

濡れたまま家電製品やプラグに触ると感電の原因となります。

コードは引っ張らない

コードの芯線が切れたり、プラグの接続部が切れたりはずれたりして、通電しなくなったり、ショートなどを起こします。必ずプラグをもって抜くようにしましょう。

たこ足配線はしない、必ず定格を守る

テープルタップは、使用できる電気の量が決まっています。許容量をオーバーすると過熱の原因になります。

コンセントは単独で使う

エアコン・電子レンジ・ジャー炊飯器・洗濯乾燥機など、消費電力が大きい製品は延長コードを使用せず、コンセントは単独で使いましょう。

水のかかるところでは使用しない

水がかかると焼損の原因となります。

コードを締め付けない

家具などの下敷きやドアで挟んだりすると、コードの中の細い芯線が切れ、焼損の原因になります。

コードを固定しない

ステップルや釘などでコードを金具で固定しないでください。

傷んだプラグやゆるんだコンセントは使用しない

傷ついたプラグや、ゆるんだコンセントは使用しないでください。火災の原因になります。

束ねたまま使用しない

コードは伸ばして使ってください。巻いたままで使うと放熱しにくく、過熱して危険です。

コードをつなぎあわせない

コードを切ってビニールテープでつないで使用すると、つないだ部分が加熱したり、テープがほどけて感電して危険です。

マグネットプラグの接続に注意

マグネットプラグはクリップなどの金属片がついてしまうおそれがあります。そのまま接続すると、ショートして火花が出たり発煙し、危険です。

プラグは、定期的に点検とお掃除を

プラグを長期間差し込んだままにすると、たまったほこりや湿気が原因で発火に至る場合があります。この現象をトラッキング現象といいます。特に、テレビや冷蔵庫、エアコンなどは定期的にお掃除が必要です。

愛情点検チェックリスト 愛情点検チェックリスト

プラグとコンセントの間にホコリ

定期的にプラグに付いたホコリを乾いた布でふきとってください。

プラグに付いたほこりを乾いた布でふきとる

コードを引っ張って抜いている

必ずプラグを持って抜きましょう。

コードを引っ張って抜いている

たこ足配線にしている

たこ足配線はせず、定格を守りましょう。

コンセントや延長コードの定格を超えている

根元まで差し込んだとき、ゆるくなっている

根元まで確実に差し込んでいない

コードを踏みつけたり、はさんだり引っ掛けたりしている

コードを巻いたり束ねている

コードが重いものの下敷きになっている

ステップルやくぎなどで固定している

自分で改造・修理している

濡れた手でプラグを抜き差ししている

こんな症状が見られたら

コードを動かすと運転が止まる

コードやプラグが異常に熱い

コードやプラグがこげ臭い

コードに触れると電気を感じる

プラグが変色している

コード・プラグにキズや変形・硬化があったり、溶けている

故障や事故の可能性があり、危険です。
すぐに使用を中止し、プラグを抜いて、販売店の点検を受けてください。