トラッキング現象とは?
プラグを長い期間コンセントに差し込んだままにしておくと、プラグとコンセントの隙間にホコリがたまり、このホコリが原因で発火につながる現象を「トラッキング現象」といいます。

プラグとコンセントの間にたまったホコリが湿気を帯びると、差し刃間に流れる微弱な電流により火花が発生。プラグの樹脂部分が徐々に炭化し、導電路(トラック)を形成します。

導電路(トラック)が放電し、発火。火災の原因となります。