低温やけどに注意

比較的低い温度(40℃~60℃)、長時間皮膚の同じ箇所に触れていると、熱い・痛いなどの自覚症状がなくても、低温やけどをおこすおそれがあります。

次のような方がお使いのときは、温度調節を「低」にするなど周りの方が特に注意してください。

  • 乳幼児、お年寄り、ご病人、自分で温度調節ができない方、皮膚感覚の弱い方
  • 眠気を誘う薬(睡眠薬、かぜ薬など)を服用された方
  • 深酒・疲労の激しい方

シーズン前のお手入れ

電子コントローラーや中間スイッチなどを「切」にしてプラグを抜き、ヒーターユニット部(保護網表面やその周辺)のホコリを掃除機で吸い取りましょう。ホコリがヒーター表面や保護網の内部にたまっている場合は点検が必要です。販売店にご相談ください。

家具調コタツのお手入れ
足置きコタツのお手入れ

いたんだコードは使わない

コードのいたみは、発火や感電の原因となります。ご使用になる前に必ず、コードにいたみがないかご確認ください。コードにいたみがある場合は、危険ですので使用しないでください。点検を依頼する場合は、販売店にご相談ください。

当社製の家具調コタツや足置きコタツなどは、製造終了から8年以上が経過しており、補修用性能部品の最低保有期間(6年)を過ぎています。部品がなく、修理が出来ない場合もあります。

愛情点検チェックリスト 愛情点検チェックリスト

こんな使い方はしていませんか?

コードに過度な負担をかけている

いたみの原因となりますので、コードに過度な負担をかけないでください。

コードを引っ張った状態

電源コードに余裕を持たせて使用してください。

当社以外のコードを使用している

他社製のコードのご使用は安全の確認がとれていないので使わないでください。

プラグとコンセントの間にホコリ

定期的にプラグに付いたホコリを乾いた布でふきとってください。

プラグに付いたほこりを乾いた布でふきとる

コードを引っ張って抜いている

必ずプラグを持って抜きましょう。

コードを引っ張って抜いている

たこ足配線にしている

たこ足配線はせず、定格を守りましょう。

こんな症状が見られたら

コードを動かすと運転が止まる

コードやプラグが異常に熱い

コードやプラグがこげ臭い

コードに触れると電気を感じる

プラグが変色している

コード・プラグにキズや変形・硬化があったり、溶けている

故障や事故の可能性があり、危険です。
すぐに使用を中止し、プラグを抜いて、販売店の点検を受けてください。