ドアの開閉は、少なく短く

1回開けるだけで庫内の温度は上昇します。庫内を整理することにより、食品の出し入れが早くなります。

ドアの開閉は少なく、短く

熱いものは冷ましてから

庫内の温度が上昇し、余分な冷却運転が必要になります。また他の食品にも悪影響をおよぼします。

熱いものは冷ましてから

詰め込みすぎは禁物

冷気の流れが悪くなり、消費電力が増えます。冷蔵庫に入れなくてもいいものは入れないようにしましょう。

詰め込みすぎは禁物

冷気の吹出口や吸込口をふさがない

冷気が行き渡らないと、庫内が冷えにくくなるばかりか、庫内の温度を下げるためにより電気を使います。

冷気の吹き出し口や吸込口をふさがない

風通しの良いところに設置

周囲は適当なスキマをあけ、直射日光の当たるところやガスコンロの近くは避けます。

風通しの良いところに設置

上には物を置かない

放熱しにくくなり、消費電力が増えます。

冷蔵庫の上には物を置かない

ドアはしっかり閉め、はさみこみに注意

ドアにスキマがあると暖かい空気が入り庫内温度が上昇します。余分な冷却運転が必要になり消費電力が増えます

ドアはしっかり閉める、物のはさみこみに注意

背面の掃除も忘れずに

背面や底面の放熱部周辺にホコリがたまると放熱しにくくなり、消費電力が増えます。

冷蔵庫の背面もおそうじしましょう

ドアパッキンをチェック

古いドアパッキンは冷気が漏れる可能性があります。

ドアパッキンをチェック

野菜や果物は低温障害を起こし傷んでしまったり、変色したりするものもあります。

野菜室に保存しなくてもよいもの
玉ねぎ、にんにく、かぼちゃ、ごぼう、 いも類、など

野菜室に保存してはいけないもの
バナナ、パイナップル、メロン、  アボカド、パパイヤ、など

冷蔵庫に入れなくても良い食品

かしこい商品選び かしこい商品選び

ライフスタイルに合わせて

家族の人数やライフスタイルに合わせて、各家庭に合った容量を選ぶことが大切です。各家庭における必要な冷蔵庫の目安容量は、次の計算式で確認することができます。

容量=(70L×○)+(100L~150L)+70L

○=ご家族人数, 100L~150L=常備品容量, 70L=予備スペース
(日本電機工業会2008年作成)

ドアはしっかり閉める、物のはさみこみに注意

電力消費が少ないものを選ぶ

年間消費電力量の少ないものを選びます。
 

冷蔵庫に入れなくても良い食品

省エネ性能が高いものを選ぶ

省エネラベルを確認し、省エネ基準達成率が高いものを選びます。また多段階評価による星マークの数が多いものを選びます。

愛情点検チェックリスト 愛情点検チェックリスト

こんな使い方はしていませんか?

扉にぶらさがったり乗ったりしている

転倒の恐れがあります。特にお子様に注意してください。

扉にぶらさがったり乗ったりしている

上に物を置いている

落下や放熱の妨げになりますので、ものを置かないでください。

冷蔵庫の上に物や陽気を置いている

冷凍庫にびんや缶を入れている

中身が凍って割れることがあるので、飲料用のびんや缶類を入れないでください。

冷凍庫に、びん類や缶類を入れている

周囲にスキマをあけていない

放熱しにくくなり、消費電力が増えますので、スキマをあけて設置しましょう。

冷蔵庫の周囲にスキマをあけていない

プラグが押しつけられている

プラグが損傷しないよう、隙間をあけて設置しましょう。

電源プラグが押しつけられている

プラグとコンセントの間にホコリ

定期的にプラグに付いたホコリを乾いた布でふきとってください。

プラグに付いたほこりを乾いた布でふきとる

コードを引っ張って抜いている

必ずプラグを持って抜きましょう。

コードを引っ張って抜いている

たこ足配線にしている

たこ足配線はせず、定格を守りましょう。

こんな症状が見られたら

本体が傾いたりグラグラしている

床面に時々、水がたまることがある

運転音が異常に高くなった

コードを動かすと運転が止まる

コードやプラグが異常に熱い

コードやプラグがこげ臭い

コードに触れると電気を感じる

プラグが変色している

コード・プラグにキズや変形・硬化があったり、溶けている

ネズミにかじられた痕がある

故障や事故の可能性があり、危険です。
すぐに使用を中止し、プラグを抜いて、販売店の点検を受けてください。