床用ノズルに触れない

指が巻き込まれてケガの恐れがありますので、使用中は絶対に吸込口に手を近づけないでください。特にお子様にはご注意ください。

火気は近づけない

燃えているストーブなど、高温のものに近づけないでください。排気でストーブの火が大きくなり、火災の原因になります。

ハンドルや延長管の先で直接掃除しない

故障や破損の原因になります。

火・水・油などは掃除機の大敵

消したタバコの吸殻を吸い込ませるのは危険です。わずかな残り火から発火するおそれがあります。また水や油などを吸い込ませると故障や異臭の原因となります。

紙パックは純正紙パックを必ず使用

紙パックは必ず純正紙パックを使いましょう。純正以外の紙パックを使うと、ゴミもれなどが起こり、故障の原因になります。

コードはプラグをもって巻き取る

プラグが跳ねてケガをしたり、プラグが壊れる原因になります。またコードの赤印以上に無理に引き出すと断線など故障の原因となります。

紙パックやフィルターをこまめにチェック

紙パックやダストボックスにゴミがいっぱいになったままでお掃除すると、吸込力が弱くなりお掃除に時間がかかります。早めに紙パックを交換しフィルターを掃除しましょう。

お掃除モードを使い分け

掃除する場所やゴミの量に応じて、吸込むパワーを調整しましょう。自動でパワーを調整する機能が搭載されている掃除機は、「自動」を使うと省エネになります。

お掃除モードを使い分け

掃除する場所やゴミの量に応じて、吸込むパワーを調整しましょう。自動でパワーを調整する機能が搭載されている掃除機は、「自動」を使うと省エネになります。

ノズルを使い分ける

床用、すき間用、たな用、ふとん用など、効率よく掃除できるようノズルを使い分けしましょう。

かしこい商品選び かしこい商品選び

掃除機のタイプで選ぶ

お手入れの手間の少なさと清潔なゴミ捨てなら紙パック式を、紙パック代がもったいない、買いに行くのが面倒という方は紙パックレス式(ダイレクト集じん式、サイクロン式)をお選びください。

紙パック式
ゴミに触れずに清潔にゴミが捨てられます。

紙パックレス式(ダイレクト集じん式、サイクロン式)
紙パックが不要ですが、ゴミ捨て時など、定期的にフィルターなどをお手入れする必要があります。

掃除機の吸込仕事率を確認

掃除機の吸込力の目安は、吸込仕事率W(ワット)で表示され、数字が大きいほど、吸込力が強くなります。使用時の吸じん力は吸込仕事率以外にノズルなどの種類、ごみのたまり具合や床材の違いなどによっても異なります。
※充電式掃除機には、吸込仕事率の表記はありません

愛情点検チェックリスト 愛情点検チェックリスト

こんな使い方はしていませんか?

こぼれた燃料、燃えカスを吸わせる

灯油、ガソリンなどの燃料、タバコの吸殻などは絶対に吸わせないでください。

吸込口をふさいだまま長時間使っている

吸い込み口が詰まった場合は、ゴミを取り除いてから使用しましょう。

排気口がふさがれた状態で使用

カーテンなどでふさがれないよう、障害物から離して掃除しましょう。

コードを巻き取る時にプラグを持たない

 必ずプラグを持って巻き取ってください。

使用中に床用ノズルに触れる

絶対に手で回転部分をさわらないでください。特にお子様には注意してください。

プラグとコンセントの間にホコリ

定期的にプラグに付いたホコリを乾いた布でふきとってください。

プラグに付いたほこりを乾いた布でふきとる

コードを引っ張って抜いている

必ずプラグを持って抜きましょう。

コードを引っ張って抜いている

たこ足配線にしている

たこ足配線はせず、定格を守りましょう。

こんな症状が見られたら

こげ臭い

運転中に異常な音がする

本体ケースが熱で変形している

運転しないことがある

電源が切れないことがある

コードを伸ばしたり巻き取ったあと、運転しないことがある

極端に吸い込みが悪くなった

コードを動かすと運転が止まる

コードやプラグが異常に熱い

コードやプラグがこげ臭い

コードに触れると電気を感じる

プラグが変色している

コード・プラグにキズや変形・硬化があったり、溶けている

故障や事故の可能性があり、危険です。
すぐに使用を中止し、プラグを抜いて、販売店の点検を受けてください。