不安定な場所や熱に弱い物の上で使わない

じゅうたん・畳・ビニールシート・樹脂などの上で使わないでください。火災の原因になります。

ドアの開閉は少なく、短く

水のかかる所や火気の近くで使わない

感電・漏電の原因になります。

水のかかる所や火気の近くで使わない

壁や家具の近くで使わない

熱で壁や家具を傷め、変色・変形の原因になりますので、取扱説明書に従って設置してください。

壁や家具の近くで使わない

上に物を載せない、下のスキマに物を入れない

本体や物が変形・変質し、火災の原因になります。

本体の上に物を載せたり、本体の下のすきまに物を入れて使わない

調理中は本体から離れない

調理物が発火することがあります。そばを離れるときは、必ずスイッチを切ってください。

調理中は本体から離れない

必ずパンくずトレイをセットして使う

テーブルをこがしたり、火災の原因になります。

必ずパンくずトレイをセットして使う

必要以上に加熱しない

加熱し過ぎると、調理物が発火する原因になります。焼き加減を見ながら時間を調節してください。自動メニューやタイマーの時間は正しく合わせてください。

調理中は本体から離れない

発煙・発火した場合は、扉を開けない

スイッチを切りプラグを抜きます。火災の原因になるので炎が消えるまで絶対に扉を開けないでください。また、水をかけるとガラスが割れます。

調理物が発煙・発火した場合は、すぐに電源スイッチを切り電源プラグを抜く

バターなどを塗ったパンは焼かない

パンが発火する原因になります。

生の肉・魚やフライなど直接焼いたり、フライなど油の出る物を受け皿なしで加熱しない

油の出る物を受け皿なしで加熱しない

油が落ちて発火することがあります。アルミホイルを使っていても油が漏れることがあるので、必ず受け皿に載せてください。

調理以外の目的で使わない

硫酸紙やクッキングシート、ケーキミックス用紙製焼き型は使わない

発火の原因になります。

硫酸紙やクッキングシート、ケーキミックス用紙製焼き型は使わない

調理以外の目的で使わない

加熱・異常動作による発火・やけどの原因になります。

調理以外の目的で使わない

使用後は必ずお手入れをする

調理くずや脂分が残ったまま調理すると、発煙・発火の原因になります。

使用後は必ずお手入れをする

愛情点検チェックリスト 愛情点検チェックリスト

こんな使い方はしていませんか?

プラグとコンセントの間にホコリ

定期的にプラグに付いたホコリを乾いた布でふきとってください。

プラグに付いたほこりを乾いた布でふきとる

コードを引っ張って抜いている

必ずプラグを持って抜きましょう。

コードを引っ張って抜いている

たこ足配線にしている

たこ足配線はせず、定格を守りましょう。

こんな症状が見られたら

こげくさい臭いがする

ヒーターが割れている

電源が切れず、通電し続ける

コードを動かすと運転が止まる

コードやプラグが異常に熱い

コードやプラグがこげ臭い

コードに触れると電気を感じる

プラグが変色している

コード・プラグにキズや変形・硬化があったり、溶けている

故障や事故の可能性があり、危険です。
すぐに使用を中止し、プラグを抜いて、販売店の点検を受けてください。