家電製品のリサイクル 家電製品のリサイクル

家電製品とパソコンのリサイクル

一般家庭から排出される家電製品は年間約60万トンにも及び、これまではそのほとんどが埋め立てられ てきました。しかし、埋立地には限界があり、いつまでも埋め立てつづけるわけにはいきません。また埋め立てられる廃家電には再び利用することができる有用 な資源がたくさん含まれています。そこで有用な資源の再利用を促進し、廃棄物を減らすため、2001年4月1日、家電リサイクル法が施行されました。

対象商品
エアコン、ブラウン管式テレビ、液晶式・プラズマ式テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機
※ 液晶式・プラズマ式テレビと衣類乾燥機は、2009年4月1日より特定家庭用機器に追加された機器

家電リサイクルの流れと役割分担

家電リサイクルの流れ
排出者(消費者)
製造業者(家電メーカー)等
小売業者(販売店)

家電リサイクル券
小売業者は排出者から対象商品を引き取る際に家電リサイクル券を発行し、その写しを排出者に交付します。家電リサイクル券の番号で確実にリサイクルされたかどうかを確認することができます。ぜひご利用ください。

家電リサイクルの流れ

家庭系パソコンの回収リサイクル
パソコン製造業者による家庭系パソコンの回収・リサイクルが2003年10月1日から始まりました。 この回収・リサイクルは資源有効利用促進法に基づいて行われます。このため回収の方法等は、家電4品目とは異なります。また事業系パソコンについては 2001年4月からすでに事業者による回収リサイクルが行われています。

当社の家庭用パソコンのリサイクルについてはこちらをご覧ください。

当社製品のリサイクルについて

2016年4月1日よりリサイクル料金を改定いたします。

リサイクル料金

※ 液晶式テレビでは、電源として一次電池又は蓄電池を使用しないものに限る。 浴室用など建築物に組み込むことができるように設計したものは除く

リサイクル料金はメーカーによって異なります。 詳しくはこちらをご覧ください。

パナソニックエコロジーセンター

2001年に稼動を開始した当社の再商品化拠点であるパナソニック エコテクノロジーセンター(株)では、リサイクル事業のさまざまな挑戦が行われるとともに、新しいものづくりの考え方が模索されています。