家電情報ポケット

家電製品のリサイクルについて リサイクルの仕組みと当社製品のリサイクル料金 家電製品のリサイクルについて リサイクルの仕組みと当社製品のリサイクル料金

一般家庭から廃棄される家電製品(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機)は年間約60万トンにも及びます。使わなくなった家電製品には、再利用できる有用な資源がたくさん含まれています。限りある資源を有効活用するために、使わなくなった製品は、正しい方法でリサイクルしましょう。

大型家電4品目のリサイクル

エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機は、家電リサイクル法(2001年4月1日施行)によって、適正なリサイクルを行うことが定められました。家電メーカー、販売店、消費者それぞれに役割があります。

対象商品
エアコン、ブラウン管式テレビ、液晶式・プラズマ式テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機
※2009年4月1日より特定家庭用機器に追加された機器

対象製品のイラスト 対象製品のイラスト
家電リサイクルの流れと役割分担の図 家電リサイクルの流れと役割分担の図

家電リサイクル券

小売業者は排出者から対象商品を引き取る際に家電リサイクル券を発行し、その写しを排出者に交付します。家電リサイクル券の番号で確実にリサイクルされたかどうかを確認することができます。ぜひご利用ください。

家電リサイクル券見本 家電リサイクル券見本

リサイクルに出すときのマナー
できるだけ最初に購入した時と同じ状態にして出しましょう

冷蔵庫や洗濯機の中は、何も入れないで引き渡しましょう 冷蔵庫や洗濯機の中は、何も入れないで引き渡しましょう

小型家電のリサイクル

壊れたり古くなったりして、使わなくなった携帯電話やデジタルカメラは、どのように処分していますか?
小型家電に使われている、有用な貴金属を有効活用し、鉛などの有害物質を正しく処理するために「小型家電リサイクル法」が定められました。対象品目や回収方法は自治体によって異なります。詳しくは、お住まいの市区町村にお尋ねください。

主な対象商品(例)

主な対象製品例のイラスト 主な対象製品例のイラスト

ボックス回収

公共施設やスーパー、家電小売店などに専用の回収ボックスを設置し、回収します。

ピックアップ回収

粗大ごみや不燃ごみと一緒に回収し、ごみ処理施設で自治体の職員が小型家電を取り出します。

ステーション回収

ごみ回収の区分のひとつに「小型家電」が設けてあります。

許可を受けた回収業者が使用できるマーク 許可を受けた回収業者が使用できるマーク


許可を受けた回収業者を利用しましょう

このマークは、国の認定を受けたリサイクル事業者又は、小型家電リサイクルに取り組む市区町村しか使用できません。

当社製品のリサイクルについて

2017年4月1日よりリサイクル料金を改定いたしました。

リサイクル料金表 リサイクル料金表

※液晶式テレビでは、電源として一次電池又は蓄電池を使用しないものに限る。 浴室用など建築物に組み込むことができるように設計したものは除く

リサイクル料金はメーカーによって異なります。詳しくはこちらをご覧ください。

家庭用パソコンのリサイクル

ご家庭で使わなくなったパソコンは、資源有効利用促進法に基づいて、パソコン製造業者によって回収・リサイクルされます。このため、回収の方法などは家電4品目とは異なります。2013年に施行された小型家電リサイクル法により、一部の自治体や家電量販店で回収している場合もあります。
事業用のパソコンについても、事業者による回収・リサイクルが行われています。

当社の家庭用パソコンのリサイクルについてはこちらをご覧ください。

パナソニックエコテクノロジーセンター

パナソニック エコテクノロジーセンター株式会社は、「商品から商品へ」の循環型モノづくりを推進する家電リサイクル先進拠点として、2001年(平成13年)から操業をスタートいたしました。
ご使用済みの家電製品から資源を回収し、新しい商品の材料として供給していく̶̶ここでは高効率・高純度の資源回収を行うと共に、その活動をレベルアップさせるためのさまざまな技術開発にも取り組んでいます。

詳しくはこちらをご覧ください。