家電情報ポケット

災害時に注意すべきことは自然災害への備えと発生時の対応 災害時に注意すべきことは自然災害への備えと発生時の対応

いつ起きるか分からない地震や水害、落雷などの自然災害に対して、普段から備えておくべきこと、発生時に注意すべきことをご案内します。

地震に備えましょう

地震が起きたときに、人や物への被害を最小限に留められるよう、普段から次のことに気を付けましょう。

転倒・落下の防止対策を 転倒・落下の防止対策を

震災時の死亡原因は「圧死」が最も多いと言われています。製品を設置する際には、取扱説明書をよく読んで正しく設置しましょう。特に、テレビや冷蔵庫、衣類乾燥機などは転倒防止用部品などで固定しましょう。

例)テレビの場合、冷蔵庫の場合 例)テレビの場合、冷蔵庫の場合
ブレーカーの設置場所を確認 ブレーカーの設置場所を確認
電気火災を防ぐため、避難の際は必 ずブレーカーを切りましょう。 電気火災を防ぐため、避難の際は必 ずブレーカーを切りましょう。
プラグを抜く プラグを抜く
日常使わない家電製品は、プラグを 抜いておきましょう。プラグを差し た状態では、スイッチを切っても電 気が流れているものもあります。 日常使わない家電製品は、プラグを 抜いておきましょう。プラグを差し た状態では、スイッチを切っても電 気が流れているものもあります。
電気ストーブ 電気ストーブ
「転倒再投入防止装置」付きのもの をお勧めします。 「転倒再投入防止装置」付きのもの をお勧めします。
ジャー炊飯器・ジャーポット・トースター ジャー炊飯器・ジャーポット・トースター
冷蔵庫の上や高い所、落ちやすい場 所に置かないようにしましょう 冷蔵庫の上や高い所、落ちやすい場 所に置かないようにしましょう
洗濯機 洗濯機
使わないときは、水道栓を閉めてお きましょう 使わないときは、水道栓を閉めてお きましょう
使わないときは、ガスの元栓を閉め ておきましょう 使わないときは、ガスの元栓を閉め ておきましょう
使わないときは、ガスの元栓を閉め ておきましょう 使わないときは、ガスの元栓を閉め ておきましょう
室外機 室外機
ネジや金具で固定していることを確 認してください ネジや金具で固定していることを確 認してください

落雷への備えと発生時の注意点

落雷によって発生した過電流や過電圧が、電線や電話線、テレビのアンテナ線を通じて建物内に伝わることで、家電製品が誤作動したり故障したりすることがあります。

【事前に備えておきましょう】

かみなりブロックタップを使う かみなりブロックタップを使う
強力な雷に対しては、機器を保護 できない場合があります 強力な雷に対しては、機器を保護 できない場合があります
雷保険に加入する 雷保険に加入する
落雷による故障・損傷は、メーカーの 無料修理保証期間内でも有料になり ます。販売店の延長保証や火災保険 (家財)等には、落雷被害を補償する 保険が付けられるものもあります 落雷による故障・損傷は、メーカーの 無料修理保証期間内でも有料になり ます。販売店の延長保証や火災保険 (家財)等には、落雷被害を補償する 保険が付けられるものもあります

【雷発生時の注意点】

雷発生時のイラスト 雷発生時のイラスト

 

雷が鳴り出してからは、落雷によ感電のおそれがありますので、テレビの電源やアンテナ線、電話機・ファクスの電源や電話機コード・子機用充電台・電源プラグ・ACアダプターなどには触れないでください。

落雷により家電製品が使用できなくなった場合は、本体の電源を入れなおしてください。電源が入らない場合は、故障の可能性がありますので、販売店、またはパナソニック修理相談窓口にご相談の上、点検・修理をご依頼ください。

非常持ち出しグッズ -家電製品編-

生活用品や食料などの他、非常持ち出しグッズに入れておきたい家電製品です。いざというとき、きちんと使えるように、定期的にメンテナンスしましょう。

 

懐中電灯

一人に一つが目安

懐中電灯のイラスト 懐中電灯のイラスト

携帯ラジオ

携帯充電機能などがついていると便利

懐中電灯のイラスト 懐中電灯のイラスト

ヘッドライト

一人に一つが目安

懐中電灯のイラスト 懐中電灯のイラスト

LEDランタン

一人に一つが目安

懐中電灯のイラスト 懐中電灯のイラスト

乾電池

懐中電灯などの予備電池として

懐中電灯のイラスト 懐中電灯のイラスト
意外と知らない乾電池の注意点 意外と知らない乾電池の注意点


◆ 使用期限を確認しましょう

本体に「月-西暦下2桁」または「月-西暦年号」の順で記載されています。一部の電池では、電池本体ではなく包装材料に表示しています。

例)
「 04-27」または「04-2027」は
2027年4月を表します。

使用推奨期限とは・・・
未使用の状態で、「期間内に使用を開始すれば電池は正常に作動し、日本工業規格(JIS)で定められた持続時間などの電池性能を満たす」期限を定めたものです。

 

◆ 必ず同時期に購入した同品番の電池を使用しましょう

・新しい電池と使いかけの電池を一緒に使用しない
一緒に使用すると電池容量のアンバランスが発生し、液漏れに至る場合があります。

・同じ品番以外の組み合せで使用しない
異なるメーカー、他品種(アルカリ乾電池とリチウム乾電池など)他シリーズなど、同じ品番以外の組み合せで使用すると、容量差が生じるため、液漏れが発生する場合があります。