災害時の注意点 災害時の注意点

地震の際の家電製品のお取り扱いは、下記の点にご注意ください

地震などにより製品が転倒や落下してしまった場合、一見問題ないようであっても、内部の電子部品などが破損している場合があります。そのまま使用(通電)した場合は発煙、発火のおそれがありますので、必ず点検・修理を受けてください。

地震・断水時のよくあるご質問

停電の際の家電製品のお取り扱いは、下記の点にご注意ください

停電になりましたら、家電製品の電源プラグをコンセントから抜いていただくことをおすすめします。
モーターなどを応用した家電製品は電源が入った時に電流を大きく使用します。停電から復帰するとご家庭内の家電製品が一斉に運転を始めるため、ヒューズやブレーカーが飛ぶなど電気製品への悪影響が考えられます。

停電時のよくあるご質問

水害などによる冠水品はぜったいにそのままでは使用(通電)しないでください

万一、水害などにより製品が冠水してしまった場合は、漏電の危険が高いので、できるだけ買い替えをおすすめし ます。一見、乾燥しているようでも、内部が乾燥していなかったり、泥や塩分が残っていると大変危険であり、発煙、発火のおそれがあります。製品が一時的に 使用可能な状態であっても、絶対にそのままでは使用(通電)せず、必ず点検・修理を受けてください。

地震の際の家電製品のお取り扱いは、下記の点にご注意ください

地震などにより製品が転倒や落下してしまった場合、一見問題ないようであっても、内部の電子部品などが破損している場合があります。そのまま使用(通電)した場合は発煙、発火のおそれがありますので、必ず点検・修理を受けてください。

地震・断水時のよくあるご質問

停電の際の家電製品のお取り扱いは、下記の点にご注意ください

停電になりましたら、家電製品の電源プラグをコンセントから抜いていただくことをおすすめします。
モーターなどを応用した家電製品は電源が入った時に電流を大きく使用します。停電から復帰するとご家庭内の家電製品が一斉に運転を始めるため、ヒューズやブレーカーが飛ぶなど電気製品への悪影響が考えられます。

停電時のよくあるご質問

水害などによる冠水品はぜったいにそのままでは使用(通電)しないでください

万一、水害などにより製品が冠水してしまった場合は、漏電の危険が高いので、できるだけ買い替えをおすすめします。一見、乾燥しているようでも、内部が乾燥していなかったり、泥や塩分が残っていると大変危険であり、発煙、発火のおそれがあります。製品が一時的に使用可能な状態であっても、絶対にそのままでは使用(通電)せず、必ず点検・修理を受けてください。