家電製品の上手な節電 家電製品の上手な節電

冬の節電、ここがポイント!

家庭における冬の夕方の電気の多くはエアコン・照明・冷蔵庫に使われています。

節電効果を高めるポイントは、消費電力量の多い家電を上手に使うこと。特に、エアコン・照明を上手に使うことが、冬の節電において最も重要です。消費電力を抑える家電製品の上手な使い方をチェック!

エアコン

室内温度は適温に

冷房は28℃以上、暖房は20℃以下をおすすめします。

室内温度は適温に

こまめに入切しない

運転を開始するときに電気を多く使います。こまめに運転を入切するより温度設定で調整しましょう。

室内温度は適温に

室外機のそばに物を置かない

室外機の吹き出し口に物を置いてふさぐと、冷暖房効率が下がります。冷房時は日よけ等で直射日光を避けましょう。

室外機のそばに物を置かない

フィルターはこまめに掃除

フィルターにホコリが溜まって目づまりすると、空気の流れが悪くなり冷暖房効率が下がります。2週間に1度は掃除をしましょう。

フィルターをこまめに掃除

内部の汚れはエアコンクリーニング

お客様自身で内部の洗浄はしないでください。水もれや発煙・発火の原因となります。

お客様自身で内部の洗浄はしない

風向きの調整を上手に

冷気は下にたまるため、冷房時は風向きを水平にします。暖気は上にたまるため、暖房時は下向きにします。
※自動的に調整できる機種もあります

風向きの調整を上手に

扇風機の併用

冷気が部屋の中で循環するようにします。

扇風機の併用

タイマーを上手に活用

就寝や外出時にタイマーを活用して、必要な時間だけ運転します。

タイマーを上手に活用

長期間使わないときはプラグを抜く

待機電力を消費するので、コンセントからプラグを抜きます。

オフシーズンはコンセントからプラグを抜く

窓や戸の開閉は少なめに

ドアや窓はきちんと閉めて、開閉は最小限にしましょう。
 

窓や戸の開閉は少なめに

冷蔵庫

ドアの開閉は、少なく短く

1回開けるだけで庫内の温度は上昇します。庫内を整理することにより、食品の出し入れが早くなります。

ドアの開閉は少なく、短く

熱いものは冷ましてから

庫内の温度が上昇し、余分な冷却運転が必要になります。また他の食品にも悪影響をおよぼします。

熱いものは冷ましてから

詰め込みすぎは禁物

冷気の流れが悪くなり、消費電力が増えます。冷蔵庫に入れなくてもいいものは入れないようにしましょう。

詰め込みすぎは禁物

冷気の吹出口や吸込口をふさがない

冷気が行き渡らないと、庫内が冷えにくくなるばかりか、庫内の温度を下げるためにより電気を使います。

冷気の吹き出し口や吸込口をふさがない

風通しの良いところに設置

周囲は適当なスキマをあけ、直射日光の当たるところやガスコンロの近くは避けます。

風通しの良いところに設置

上には物を置かない

放熱しにくくなり、消費電力が増えます。

冷蔵庫の上には物を置かない

ドアはしっかり閉め、はさみこみに注意

ドアにスキマがあると暖かい空気が入り庫内温度が上昇します。余分な冷却運転が必要になり消費電力が増えます

ドアはしっかり閉める、物のはさみこみに注意

背面の掃除も忘れずに

背面や底面の放熱部周辺にホコリがたまると放熱しにくくなり、消費電力が増えます。

冷蔵庫の背面もおそうじしましょう

ドアパッキンをチェック

古いドアパッキンは冷気が漏れる可能性があります。

ドアパッキンをチェック

ジャー炊飯器

長時間の保温はしない

炊飯器での保温は控え、冷蔵庫や冷凍庫で保存してレンジで温め直しましょう。保温する場合は、必要最低限にしましょう。

長時間の保温はしない

タイマーを上手に使う

食べる時間に合わせて炊き上げるようにタイマー予約を使いましょう。

タイマーを上手に使う

ジャーポット

タイマー機能を使う

寝る前やお出かけ前に、新しい水を入れておいてタイマーをセットすれば節電になります。

タイマー機能を使う

使わない時はプラグを抜く

使用時以外はプラグを抜きましょう。

使わない時はコンセントからプラグを抜く

保温温度選択機能を上手に利用

低温で保温すると、高温で保温するより節電になります。

保温温度調節機能を上手に利用する

洗濯機/洗濯乾燥機

洗濯物はできるだけまとめ洗いを

定格容量以下なら一度に洗う量が多いほど、水や電気の節約になります。

洗濯物の入れすぎは禁物

洗濯物を入れすぎると衣類の回りが悪くなり、消費電力が増えます。洗濯物の入れすぎに注意しましょう。

衣類乾燥機

フィルターのお掃除はこまめに

フィルターが目詰まりすると乾燥時間が長くなり消費電力が増えます。また、フィルターを確実にセットしないで使用すると、故障の原因になります。

脱水は十分に

十分に脱水しておくと早く乾き、消費電力も下がります。また、しずくのたれるような衣類は、故障の原因となりますので乾燥させないでください。

洗濯物を入れ過ぎない

洗濯物を入れ過ぎると乾燥時間が長くなったり、乾きムラができることがあります。

ちょっとした工夫で乾燥上手に

化繊と木綿、厚物と薄物などは、分けて乾燥すると効率よく乾燥できます。

掃除機

紙パックやフィルターをこまめにチェック

紙パックやダストボックスにゴミがいっぱいになったままでお掃除すると、吸込力が弱くなりお掃除に時間がかかります。早めに紙パックを交換しフィルターを掃除しましょう。

お掃除モードを使い分け

掃除する場所やゴミの量に応じて、吸込むパワーを調整しましょう。自動でパワーを調整する機能が搭載されている掃除機は、「自動」を使うと省エネになります。

お掃除モードを使い分け

掃除する場所やゴミの量に応じて、吸込むパワーを調整しましょう。自動でパワーを調整する機能が搭載されている掃除機は、「自動」を使うと省エネになります。

ノズルを使い分ける

床用、すき間用、たな用、ふとん用など、効率よく掃除できるようノズルを使い分けしましょう。

食器洗い機

食器はできるだけまとめ洗いを

一度に洗う量が多いほど、水や電気の節約になります。

アイロン

余熱を利用する

電源を切ったあとの余熱で、ハンカチ数枚にアイロンをかけることができます。また、数日分まとめてかけるのも節電につながります。

エコキュート

「沸き上げ休止」設定を活用する

長期で家をあけるときは、リモコンの「沸き上げ休止」を設定し、ムダな沸き上げを停止しましょう。

「沸き上げ休止」設定を活用する

リモコンの表示を消灯する

リモコンの「表示節電設定」や、浴室リモコンの「入切スイッチ」をこまめに切りましょう。

リモコンの表示を消灯する

沸き上げモードを「おまかせ節約」に

1日に必要な量のお湯を沸かし、上手にムダなく使うことができます。

沸き上げモードを「お任せ節約」に

「沸き増し」を活用する

急な来客などでお湯がたりなくなりそうな時は、あらかじめ「沸き増し」を活用し、必要な湯量を確保しましょう。

冷気の吹き出し口や吸込口をふさがない

お湯を出しっぱなしにしない

シャワーの出しっぱなし、台所の流し洗いをしないようにしましょう。

お湯を出しっぱなしにしない

温水洗浄便座

便ふたは閉める

便座の放熱をふせぐため、使用していない時は便ふたを閉めましょう。

便ふたは閉める

タイマーを上手に使う

タイマー機能付きの機種は、上手にタイマーを使いましょう。

タイマーを上手に使う

季節にあわせて温度調節

季節に合わせて便座暖房の温度調節と、洗浄水の水温調節をしましょう。節電モードがある場合は設定しましょう。

季節にあわせて温度調節

照明器具

こまめに消す

無駄な明かりはこまめに消します。

ドアの開閉は少なく、短く

掃除をすれば明るさアップ

ランプやセードが汚れると、明るさが極端に低下します。

掃除をすれば明るさアップ

適切な明るさで

必要以上に明るくしないで使いましょう。

適切な明るさで

白熱電球をLED電球に交換

白熱電球をLED電球に交換すると、約80%も省エネになります。

白熱電球をLED電球に交換

蛍光灯は早めに交換

使っているうちに明るさが落ちてきます。両端が黒ずんできたら交換しましょう。

蛍光灯は早めに交換

ドライヤー

使用時間を短く

タオルドライをしっかりすることでドライヤーの使用時間を減らせます。また使用後は、コンセントを必ず抜きましょう。

定期的なお手入れ

ホコリなど異物が付着し、吸込口をふさいでいると性能が低下するとともに故障の原因になります。取扱説明書に従い、吸込口・吹出口を月1回以上お手入れしましょう。

テレビ

画面はこまめに掃除

ほこりがついていると画面が暗くなります。お手入れ方法は取扱説明書をご覧ください。

適切な明るさや音量で

明るさや音量を抑えると、消費電力が下がります。

長時間使用しないときは本体の電源を切る

本体の電源を切ることで微量ながらリモコン信号を受けるための待機時電力を節約することができます。ただし次の点にご注意ください。

・番組表などが自動ダウンロードできなくなります。
・録画機能内蔵テレビの場合、予約録画ができなくなります。

レコーダー

省エネ設定する

機種により表示・設定が異なります。取扱説明書に従って設定してください。

ノートパソコン

使わない時はプラグを抜く

使用しない時は電源を切り、コンセントからAC電源ケーブルを抜きましょう。

適切な明るさで

画面の明るさを抑えると、消費電力が下がります。また省電力機能も活用しましょう。

オーディオ

音量を下げて聴く

音量を抑えると、消費電力が下がります。

こまめに消す

使わない時は、こまめに電源を切りましょう。

ヘッドホン/イヤホンで聴く

スピーカーを鳴らさずに、ヘッドホンまたはイヤホンで聴くと、消費電力が下がります。

機器の持つ省電力機能を使う

「自動電源オフモード」「表示オフモード」などの省電力機能がある機器は、活用しましょう。