写真:小型低速ロボットと利用する人

小型低速ロボット配送サービス 薬局と患者をロボットがつなぎ、
非対面で処方箋医薬品をお届け

株式会社アインホールディングス 様

#エリアモビリティ #自動運転 #遠隔管制・制御 #小型低速モビリティ #実証実験

Points

・非接触・非対面でのサービスニーズに対応
・小型低速ロボットを用いたスピーディな配送
・遠隔からの常時見守りで安心と安全を確保

コロナ禍の人々の生活を支える医薬品提供の新たな選択肢

コロナ禍という緊急事態下においても、簡単にストップするわけにはいかないエッセンシャルワーカーのお仕事。エッセンシャルワーカーのおかげで、医療や福祉、小売や配送といった、社会生活の基盤が維持され、私たちは日常生活を送ることができています。

そんな現場を支え、人々の生活を支える新たなサービスとして、パナソニックは小型低速ロボットによる配送サービスの可能性を模索しています。医薬品の配送もその一つ。2021年3月には、神奈川県藤沢市のFujisawaサスティナブル・スマートタウン(以下、FSST)において、調剤薬局最大手のアインホールディングスとともに、処方箋医薬品配送の可能性を探る実証実験を実施しました。

FSSTの公道を走行する小型低速ロボット

新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的とし、電話や情報通信機器による診療や服薬指導、処方箋医薬品の配送が可能となる措置がとられています。それを背景に、パナソニックは新たな医薬品の提供方法として小型低速ロボットによる配送サービスを、アインホールディングスに提案。コロナ禍、非対面での医薬品の受け取りなど、多様化するニーズへの対応策として、この実証が始まりました。

もともとアインホールディングスは、全国初の国家戦略特区におけるオンライン服薬指導を実施するなど、患者の利便性向上に積極的に取り組んでいました。その中で、オンライン服薬指導については、来局や薬局での待ち時間の節約、プライバシー確保などのメリットがある一方、処方箋医薬品の提供については、宅配便などの場合、受け取りが翌日以降になることや配送中の品質保持、安全性など配送面での課題を感じていました。

オンライン服薬指導による医薬品の提供フロー(アインホールディングス提供)

小型低速ロボットと遠隔監視システムで便利と安心を両立

パナソニックの小型低速ロボットによる配送サービスを用いれば、薬局から自宅まで直接、その日のうちに届けることができます。さらに、独自の通信技術やセキュリティ技術によってロボットは遠隔管制センターと無線で繋がっているため、ハッキングなどのリスクも抑えながら、オペレーターがロボット周辺の様子を見守ることも可能となっています。 一方、医薬品の特性上、配送中の品質劣化は絶対に許されません。今回の実証実験に先だち、医薬品が格納されるボックス内の温度や振動が品質に影響ないことを、保健所やアイン薬局とも入念に確認。サービスとして安心してご利用いただけることを実証しました。

遠隔管制センターでロボット周辺の様子を見守り

2021年3月に実施した実証実験では、アイン薬局FujisawaSST店からFSST内の患者宅へ処方箋医薬品を配送。薬剤師によって医薬品がロボットのボックス内に積み込まれると、ロボットは「出発します!」の発声とともに薬局を出発し、事前にオンライン服薬指導を済ませた患者宅へ向かいます。人が歩くのと同じくらいのスピードで走行し、自宅前に到着。ロボットから薬を受け取った患者の方からは、店舗に行く手間が省ける便利さや、暗証番号でロックされ、見守られながら配送するロボットならではの安心感など前向きな感想が寄せられました。

パナソニックは、小型低速ロボットを用いた街の配送インフラを構築することで、コロナ禍でも生活に欠かすことのできない商品やサービスの提供をサポートし、安心・安全のくらしに貢献していきます。

薬剤師による医薬品積み込みの様子

Comments

先進的な技術を活用し、コロナ禍でも患者様へより安心安全で利便性の高い薬物治療を提供していきたいと考えていました。ロボットによる配送でオンラインでの診療・服薬指導から処方箋医薬品の受け取りまでを非対面で完結できるのは、患者様にとっても感染防止の観点においてメリットを感じてもらえると思います。また、単に機能面だけでなく、自動走行するロボットが自宅まで運んでくれるのはFSSTの街全体のワクワクするような体験でもあります。今後も利便性の高い先進的な薬局モデルを構築することで、街の全世代が健康で豊かに住み続ける未来を目指したいと思います。

株式会社アインホールディングス 経営企画室
金 順伊 様

Contact

法人のお客様からのご質問、ご相談は、こちらのお問い合わせフォームからお受けいたします。