MARCH 2017

ドロミーティ

イタリア共和国

ドロミーティは、標高3,000メートル以上の山を18峰も抱える北イタリア・アルプスの山岳地帯で、広さは141,903ヘクタールです。ここでは垂直な山肌、断崖絶壁、密集した狭く深く長い谷間など、世界有数の山岳景観を眺望できます。9つの指定地域で見られる壮大な景観、特に、鋭く突き出した頭頂や、尖峰、岩壁は地形学の面でも国際的に重要です。そのほか、氷河やカルスト地形などもあり、中生代炭酸塩プラットフォームが化石とともに最高の状態で残っている場所もあります。