OCTOBER 2020

世界遺産カレンダー10月画像:古代都市チチェン-イッツァ(メキシコ合衆国)

古代都市チチェン-イッツァ

メキシコ合衆国

チチェン・イッツァは聖地であり、ユカタン半島のマヤ文明で最大の中心地のひとつでした。千年近くにも及ぶその歴史の中で、さまざまな民族がこの地に足跡を残しては去っていきました。ここに残っている石造建造物や美術品には、マヤ文明とトルテカ文明の世界観と宇宙観がはっきりと映し出されています。マヤの建設技術と中央メキシコの新たな文化が混ざり合ったあとのチチェン・イッツァは、ユカタン半島におけるマヤ・トルテカ文明の最も重要な代表例となりました。戦士の神殿やピラミッドの形をした神殿-エル・カスティーヨ(スペイン語で城)、円形の天文台-エル・カラコル(スペイン語でカタツムリ)などの遺跡が残っています。