APRIL 2021

世界遺産カレンダー4月画像:モスタル旧市街の古橋地区(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

モスタル旧市街の古橋地区

ボスニア・ヘルツェゴビナ

モスタルは、かつてはイスラム教のモスク、キリスト教の教会、ユダヤ教のシナゴーグが隣り合い、多文化都市社会の極めて優れた見本でした。この街には、オスマン帝国前、東オスマン帝国、地中海、西ヨーロッパの特徴的建造物が残っています。それらが物語っているのは、この街が15世紀~16世紀にかけてオスマン帝国の国境の町として始まってから、1990年代に悲劇的な破壊を経験し、近年になってスタリモスト橋(訳すと「古い橋」)と多くの旧市街の建造物が復元されるまでの、モスタルの歴史です。近年再建されたこの16世紀のオスマン帝国の橋は、現在再びネレトヴァ川に架かっており、かつて分断されていた街を元のように結び付けています。そして今や、和解、国際協力、多様な文化・民族・宗教が入り混じった共生社会を象徴するシンボルとなっています。